アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■関門海峡で一つテンヤマダイ!!・・・そして!?■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2011.6.5(日) マダイ等 山口県下関市「関門海峡周辺」 一つテンヤ




■マダイ釣りとは思えないほどのアタリの多さと、シンプルなタックル、そして「誘って(シャクって)釣る」という独特な釣趣から、全国的に大人気の一つテンヤマダイ。

■今回はそんな“一つテンヤ”に挑戦すべく、マダイ釣りのメッカ【関門海峡】へ釣行して参りました。
■出船場所は関門海峡を渡ってスグの門司港。早速船長に挨拶を済ませ、出船です。

■私にとっては初めてとなる関門海峡の船釣り。瀬戸の絶景に見とれていると、リグっている暇も無く釣場へ到着。

■まさか岸が見えるほどの距離で楽しめるとは思ってもいませんでした。
■冒頭でも書きましたが、一つテンヤタックルは実にシンプル。メインライン(道糸)の先にショックリーダーを付け、あとはテンヤを付けるのみ。

■アッという間に全員の準備が整い、仕掛を降ろすと・・・

■早速嬉しい名外道の根魚達がガツガツとテンヤにヒット。
■使用するエサは活きエビ。イケスに入ったエビを見て「美味そう・・・」と一同。それぐらいプリプリのエビエサに、早くも釣れそうなムード満点です。
■メバルやカサゴも十分嬉しい釣果なのですが、さらに驚いたのはこのアコウ。なんと十分お刺身・鍋で頂ける高級魚がコンスタントにヒットしてきます。

■開始から2時間前後、思わぬ高級魚の連発に充実感漂う船上でしたが、実は本命のマダイは1尾も釣れていなかったのでした・・・。
■そんな状況を破る強烈なドラグ音!!見ると右舷で釣りをしていた植地さんの竿が強烈に引き込まれています。時折「ゴン!!ゴン!!」と突っ込む様子から根魚では無いと全員が確信しました。そして上がってきたのは・・・

■紛れも無く本命のマダイ。しかも良型!!関門海峡の激流で鍛え上げられ、たくましくも可憐な美形マダイでした。
■本命登場の興奮も冷めあらぬ間、続けて反対側の左舷で釣りをしていた吉村さんに強烈ヒット!愛用のシマノ【炎月一つテンヤマダイ】で激しい突っ込みをかわします。

■PEライン0.6号というライトタックルの為、無理は禁物。ロッド性能とドラグ設定が重要である事を再確認させられます。

■格闘する事数分、水面に浮かび上がった桜色の魚体に「デカイ!!」と興奮する一同。
■この日最大となる60pオーバーの本命もGET。釣行の内容としては十分といった感じではありましたが、これで終わらないのが関門海峡。とんでもない大物がシメを飾ったのでした・・・
■それがコレ!!なんと阿部さんが釣り上げたのはアコウの超良型!!船長曰く「ソレ1匹でン万円はするぞ・・・」との事。

■最後に大物を見る事が出来たところで、関門海峡の魅力である潮流が緩み、ストップフィッシングとなりました。

■関門海峡の一つテンヤマダイは周年狙えますが、良型狙いなら今月がオススメです。また、さらに暖かくなってくると第2のターゲットとも呼べるアコウの釣果も良くなってくるとの事。皆様も是非釣行してみてくださいね。
★アングルスタッフも愛用中!!使えるコンテンツ満載!!釣りの総合ケータイサイト★
利用遊魚:神幸丸
(神田船長)
出船:門司港出船
пF090-5695-0427
報告(写真・文責):前田 大輔
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.