アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■狙うは良型チヌ&グレ!!浮島フカセ釣行■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2011.6.14(火) チヌ・グレ 山口県周防大島沖「浮島」 波止 フカセ釣り




■昨年から本腰を入れてはじめたフカセ釣りですがここ最近での私のフカセ釣りの釣果はいつもチヌが1枚・・・ボウズはかろうじて逃れているのですがいつも消化不良で家に帰ってバッカンを洗っていると情けない気持ちになってきます・・・

■ ここでなんとかこの「1枚病」を治療する為にすっかりフカセ釣り仲間となっているお客様の鶴岡様に同行してもらって山口県の浮島へプチ遠征に行ってきました。

■ 大島の浮島定期便のある港に到着し降ろしてもらえる港は3ヶ所あり浮島の場所を選定し降りる港は樽見港に決定し港に向かいます。
■ 定期船にて30分程度で到着し魅力的な釣り座点在していますが昨年の秋に本部の前田さんと鶴岡様と行った同じ場所である足場が非常に良く海が開けている一文字にて釣り座をかまえました。

■ 潮は下げ4分ぐらいのスタートでタックルの準備をしてマキエを打ちマキエがなじんだところで手前にはスズメダイの群れの中に良型グレが見え隠れしますがこのグレを釣る技量は私には無いので近投・遠投と繰り返しながらチヌ・グレの反応を見ますが全くリアクションが見られません・・・

■ そこからかなり長い沈黙が続きます・・・

■ もう時間が3時間は経過しておりその間に仕掛を色々変更したりして試行錯誤しておりますが私のなかでボ・ウ・ズの3文字が脳裏をよぎります・・・

■ ここでその悪いムードを打ち払う鶴岡様のNEWロッドであるがまかつの「黒斬」0号がきれいに円を描きます!その重量感のある引きはチヌのようです!
■ 慎重にやりとりをしながら水面まで浮かび上がると良型のチヌでタモに収まりチヌを近く見ると明らかに40cmオーバーであり立派な体高をしていました!

■ それから鶴岡様はコンスタントにチヌを釣り上げられます!経験の差を見せ付けられた私の焦燥感はハンパではありませんでしたがここで冷静になってケータイを取り出し「RCC釣り自慢」の潮見表で上げ潮の時間を確認して満ち上げに状況が変わる事を期待しながらマキエを打ち続けます
■ AM1:30頃から上げ潮に変わり手前に集っていたエサ取り魚たちの行動に変化がありマキエが仕掛に同調するようによく考えながらウキを流しているとジワジワとウキが沈んでいきます!

■ タイミングを見計らってアワセを入れると重量感のある待ちに待ったチヌの引きです!久々のタモ入れに少々手間取りながらもようやくチヌをゲットできました!

■ それからもチヌを何枚かゲットしようやく1枚の壁を破る事ができました!
■ なんとなくですがパターンを掴みはじめましたが潮が緩んでくるとアジが釣れ出しサシエをオキアミ生とネリエをアジの反応を見ながら使い分けているとネリエを使用した時に今までなかったスピード感のあるウキの沈みかたでアワセを入れ慎重にやり取りをしていると浮かび上がったのはグレです!タモに収まりサイズを測ると27cmグレでした。
■ その隣で鶴岡様もグレを掛けておられ無事ゲットすると30cmジャストの瀬戸内では良型グレでした!

■ 納竿間際では更にグレの活性が上がり水面に浮かび上がってバシャバシャとしていましたが定期船の時間が差迫り後ろ髪を引かれながらも帰り支度をして釣り場を後にしました。
■ 前半は大苦戦の釣行でしたが後半の追い上げで釣果を出す事ができましたが釣れない時間にどうして釣れなかったなど課題を残しながらもフカセ釣りの奥深さをさらに体感する釣行でした。

■ これから更にグレは良くなって来ると思われます。私たちスタッフもお客様の釣行のバックアップさせていただきます!皆様も是非、フカセ釣りに行ってみてはいかがでしょうか?
★仁保店スタッフも愛用中!!使えるコンテンツ満載!!釣りの総合ケータイサイト★
同行:鶴岡様
報告(写真・文責):アングル仁保店 小西 正広
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.