アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■2010第3回仙波鮎塾レポートin高津川■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2010.8.4(水) 島根県「高津川 日原道の駅裏」 河川 友釣り


■8月4日、土用隠れ・渇水の中でしたが清流「高津川」よりレポートをお届けします。

■7月は大雨、8月は猛暑で鮎釣にとっては非常に厳しい状態が続いています。

■今回の生徒さんはレベルUPしたいという事でご参加頂いた藤井様。そしてお手伝い頂くのはシマノ中国営業所の久保田さんです。
■朝8時「シルクウェイ日原」の道の駅に集合。アングル鮎釣り大会でもお世話になっているオトリ店「宮島」さんで情報収集すると、「土用隠れでアカ腐れと厳しい状況」との事。

■入川場所に選んだのは泳がせができる道の駅裏です。
■まずアカ腐れという事で、高場から川の状況・石の状況を色々と説明。渇水でも石のキレイな場所、水あたりの良い所を色々見ながらこの時期一番大切なオトリの水合わせをします。オトリ屋さんとの水温差が約10℃の為、時間をかけてオトリを馴染ませます。
■9時30分に実釣スタート。石のキレイな場所を狙ってゆっくりとオトリのスピードを遅めにコントロールして泳がせます。しかしやはりタフなコンディション。なかなか思うようには掛からない様です。
■とにかくこの時期は午前中が非常に厳しい釣況。昼過ぎから夕方にかけてが鮎が動くのか釣果が上向く傾向にあります。
■昼過ぎ、昼食を取り午後の部がスタート。午前中掛からなかったポイントでも鮎が掛かり始めます。止めたり、引いたりとアクションを掛けながら数を伸ばしていった藤井様。終了の4時30分までタフコンディションの中20匹の釣果を上げられました。
■非常に厳しい釣況、オトリ扱いの難しさ、場所・時間帯等、この時期ならではの難しさはありますが、掛かれば良型の元気な鮎が鮎師を楽しませてくれます。
■今回ご参加頂いた藤井様、お手伝い頂いたシマノ中国営業所の久保田様。暑い中お疲れ様でした。
オトリ鮎取扱い店:宮島

鮎の釣具・情報なら当店にオマカセ!!
アングル本店
TEL:082-921-3516
★只今参加者募集中!!詳しくは↑をクリック!!★
同行:藤井様(お客様)
協力:シマノ中国営業所 久保田様
報告(写真・文責):アングル本店 仙波 弘次
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.