アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■初夏のハイシーズン到来!!キス釣りに行こう!!-投釣り編-■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2010.6.17(木) キス 広島県呉市「倉橋島 唐船浜」 砂浜 投げ釣り


■先日行った船キス釣りの最中に「そういえば投げ釣りでこんな大きなキスってあんまり釣ったこと無いなー」と物思いにふけながら釣行していました。

■昨年の同時期に小屋浦店のメンバーと倉橋島の唐船浜でのキス釣り釣行で置き竿にしていた加納君のエギングロッドが異常なほど曲がりながらアタリをとらえていたのを近くで直視していた私はその時の尺級巨キスが脳裏を焼きついて離れません・・・

■船キス釣りに行っていた日の翌日も休みを頂いていた私は投げ釣りに無性に行きたくなり私の強力な仲間である本店の前田さんを誘ってみると前田さんもその日は休みで私が強引に投げ釣りに誘い同行してもらえる事になりました。(いつも急でスイマセン・・・)

■前田さんと釣行場所の選定をしていましたが私が昨年、加納君の巨キスの話を熱く語り場所は唐船浜に決定!

■今は夜明けが早いので日の出前から出発し空いている時間だったので直ぐに現地に到着!まずはポイントの状況を足場の高い位置から確認します。
■偏光レンズを掛けて見てみると昨年の巨キスポイントは藻がびっしり付いておりとても投げられる状態ではありません・・・

■巨キスポイントをあきらめてなるべく藻に掛からない程度のポイントの近くに狙ってキャストしやすいルアーロッドで2人共にキャストしていると前田さんはアタリをしっかりと感じています。
■私のわがままで来た場所でしたがもう次の釣り場へ場所変えの話が持ち上がってくるほどでしたがもう少し我慢してみようと投げ竿を取り出し遠投してみますが沖にも藻がびっしりと生えています・・・
■そして「乗ったけどコマい・・・」と前田さん、巻き上げてみると小型のキスです。 私にもアタリがありましたがなかなか乗らないハリを小さくしてみると小型のメゴチが釣れてました・・・

■しばらくこんなやり取りが繰り返し次第に意気消沈していく2人・・・
■投げ竿では難しい条件の中でキャストを繰り返していた2人でしたがついにその沈黙を破るような前田さんの投げ竿に激しいアタリが竿の曲がりから見てかなりの大物!巨キスもしくはキスが掛かっていた仕掛になんらかのフィッシュイーターなのか?とにかく緊張感が伝わってきます!

■水面に大きな魚体が浮かび上がり砂浜に打ち上げられて魚を見ると50cmはあるボラ・・・

■投げ釣りで初めてボラが釣れたのを見た2人は絶句・・・しかありません・・・
■釣り座を3回変えながら少しでも藻が生えてない投入地点を投げ竿で探っていると私が置き竿にしていたルアーロッドに激しいアタリがもう日が昇りきっていたのでベラかなと思いながら巻いてみると水面からキスのシルエットが見えます20cmオーバーの良型のキスでした。
■釣り座を離れ
て釣行していた前田さんに「まずまずのがおるよー」を大声で伝えます。

■その間に置き竿にしていた投げ竿にも魚信があり上げてみるとこれも良型です。

■良型キスが回りだし前田さんも釣り座を移って竿先に集中しながらゆっくりと仕掛を巻き上げます。

■そして竿先に魚信が伝わり慎重に巻き上げ良型キスをゲット!ここぞって時の集中力は「さすが」の一言です
■良型キスの時合は終わりまたピンギスとミニメゴチが釣れ始めますが良型がいることが分かった事によって朝方よりはモチベーションもかなり違っています。

■そして私はルアーロッドのエサを付け替えていると置き竿にしていた投げ竿が三脚ごと動き大きなアタリが「またボラじゃろー」と緊張感ゼロで巻き上げると砂浜に打ち上げられた姿を見て手が震えます。

■まさかと思ってみるとやっぱりキスです。巨キスでした・・・前田さんの釣り座にダッシュで駆け寄り魚を見てもらうと「ワヤじゃ・・・」の一言

■まだ半信半疑の私でしたが前田さんは私以上に喜んでくれています。この肝心な時にメジャーを忘れる私でしたが急いで「RCC釣り自慢」用の撮影をしている手はまだ震えています。
■つけていた虫エサは昨日、船キス釣りで対巨キス用のエサとしてそのポテンシャルを如何なく発揮してくれた『チロリ』まさに赤い彗星です。ほんとに信じてつけて良かったです。

■その余韻も過ぎ去り私は水分補給で一休み、前田さんは根気強く小さなアタリの逃さず着々と数を伸ばして行きます。クーラーの中を見るともう30匹以上は入っておりいつもながら手返しの早さと集中力はかないません。

■時間はPM3:00となり2人共にエサが無くなった所で納竿となりました。
■ 2日連続のキス釣りでしたが船釣りは船釣りの魅力があり投げ釣りでは投げ釣りの魅力があります。私自身は共に「感動」した2日間で充実した休日をおくることができました。これからもまだまだキスのシーズンが続きますのでファミリーでの家族サービスの投げ釣りやお仲間での予定を組んでの船釣りなど皆様にも比較的手軽に出来るこのキス釣りで「感動」して頂ければ幸いです。
最新釣果情報や仕掛情報などなど使える情報てんこ盛り!!
アングルスタッフも愛用中!!釣りの総合ケータイサイト★
同行:アングル本店 前田 大輔
報告(写真・文責):アングル仁保店 小西 正広
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.