アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■投げもいいけどイカダもね♪倉橋沖イカダカレイ釣行■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2010.12.22(水) カレイ 広島県「倉橋島 奥の内湾沖イカダ」 イカダ 投げ釣り



■ 今年のハシリガレイはとても好調なすべり出しでその好調な釣果はまだまだ継続中です。そこでこの期を逃すまいと今シーズンはカレイ釣りに行く頻度がいつも以上に多い私ですが前回11月に初めての筏カレイ釣行ですっかりイカダにハマり次の予定を計画中のさなかタイミング良く小屋浦店の島也さんからお誘いを受け今回はお客様とイカダカレイ釣行に行ってまいりました。

■ 今回、同行していただいたお客様は当店から金田様・竹内様と私、小屋浦店からは山部様と島也さんの5名での釣行です。今回、山部様はイカダでのフカセ釣りをされるとの事でイカダでのチヌ釣りもとても魅力的な釣りです。
■ 今回、利用させていただく渡船は倉橋島の「倉橋マリンパーク」さんにお世話になる事になり船長にご挨拶をしてイカダに渡してもらいます。

■ 船長いわく「一つのイカダに皆さんで乗るよりも何人かで分かれて広範囲に探りながら釣られるほうがいいですよ」とアドバイスを頂き仁保班と小屋浦班で分かれることになりました。
■ まずは山部様と島也さんが一つのイカダに移りそこからかなり離れて金田様と竹内様が同じイカダで私はそのお2人が目視できる隣のイカダに一人降ろしてもらいました。

■ 早速、仕掛けの準備を済ませ皆さん思い思い釣り座で仕掛けを投入していきます。この時間は朝日が昇りかけで竹内様が25cmぐらいの真鯛を釣られそして金田様は良型のキスやグチを連発されています。
■ 仕掛けを回収してみるとハリがありません・・・まさかと思って他の竿を上げてみるとフグがダブルでついています・・・隣のイカダのお二人もフグの猛襲に遭っているようです・・・(爆)

■ 私もトラギスが良く釣れ時折、良型のキスが混じり五目釣りを楽しんでいるうちに日が完全に昇りきり気温が上昇してくると各釣り座に置いている竿の鈴が鳴り響きます。
■ 小屋浦班の状況を携帯電話で確認しますが仁保班同様にフグに悪戦苦闘しているとの事で島也さんいわく「フグパラです・・・」その中でも山部様はフグの猛襲に耐えながらチヌをゲットされているようです。
■ この状況に変化の兆しが無いか「RCC釣り自慢」の潮汐情報で確認するともう少しで下げ潮だという事がわかりそれを皆さんにお伝えした上で竿の置き場所を変更していきます。

■ 満潮寸前で金田様は様々ポイントにキャストを繰り返しエサ取りをかわしながら本日の大本命のカレイをゲットされました!カレイの存在が分かり私のテンションも急上昇します。

■ 満潮の潮止まりの時間を経過し本格的に下げ潮に入るとフグの活性が徐々に下がりはじめ私に竿に付けていた鈴の音がエサ捕りとは違う激しく鳴り響き慎重にアワセを入れるとまずまずの重量感です。

■ 水面に上がって来たのは25cmカレイでボウズを逃れ安堵します。
■ それからカレイが釣れた釣り座に全ての竿を集中的に設置するとしばらくして先ほどと同様に激しい鈴の音が聞こえ引き上げてみると先程よりは大きな30cmオーバーのカレイが浮かび上がり慎重にタモで掬って連続カレイゲットとなりました。
■ この日の迎えにきていただく回収時間はPM2:00で時間はPM1:20そろそろ納竿を意識いないといけない時間帯でしたがここで竹内様が納竿寸前にカレイをゲットされこれで仁保班はカレイ全員安打となりました。
■ ここで納竿して片づけを済ませ定刻どおり船が迎えにきます。そして小屋浦班のイカダへ迎えに行き山部様は良型チヌを釣られており島也さんも最後の最後にカレイを一枚ゲットされておりカレイを狙ったメンバーもボウズ無しとなりました。
■ 最近では寒気が入りだし気温も低下しておりますが水温はまだ下がりきっていない為かキスやトラギスが良く釣れエサ取りのフグが異常に多い釣行でした。(本虫・青虫等の虫えさは多めに持っていかれる事をオススメします。) ですがこのタフコンディションでもカレイの姿は拝見する事が出来たのは今シーズンのカレイ好調の証だったような印象を受けました。
■ カレイシーズンはまだまだ続きます!投げ釣りでカレイを釣るのはとても魅力的な釣りですがカレイの集まりやすいポイントであるイカダへダイレクトに仕掛けを投入できる醍醐味のあるイカダ釣りもなかなか侮れない魅力的で楽しい釣りです。皆さんもイカダカレイ釣りに行かれてみてはいかがでしょうか?
★アングルスタッフも愛用中!!使えるコンテンツ満載!!釣りの総合ケータイサイト★
利用渡船:倉橋マリンパーク
TEL:0823-56-0157
携帯:090-6834-7276
料金:1名/2500円(1名から)
同行:金田様・竹内様・山部様
アングル小屋浦店 島也 篤
報告(写真・文責):アングル大島店 小西 正広
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.