アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■小屋浦店スタッフ対抗タチウオバトル!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2010.11.3(水) タチウオ 広島県「倉橋島 尾曽郷港」 波止 ルアー・ウキ・テンヤ



■最近倉橋方面でタチウオの釣果が好調だという事を聞きつけ、11月3日の夜に小屋浦店スタッフの島也さん、松丸さんとタチウオの調査も兼ねて釣行してきました。  

■釣行場所は倉橋の【尾曽郷港】。それぞれが自分のスタイルで釣りの準備を始めました。 「今日はスタッフだけの釣りじゃけー、勝負でもしてみます?」と私が誘うと、二人ともノリノリだったので急遽対戦が決まりました。

■それぞれのスタイルは、島也さんがウキとさぐりの二刀流。松丸さんはテンヤ。私はルアーというジャンルに分かれてスタートしました。  
■開始早々ドラグの良い音が聞こえてきました。松丸さんです。キャッチしたのは指3本半ぐらいのノーマルサイズ。
■一方私と島也さんには何も起こりません。と、ウキを投げてさぐりをしていた島也さんのウキに反応が・・・。しかし、さぐりに夢中の島也さんは気付いていません。

■しばらくだまって様子をみているとウキが「ぷかぁ〜」と浮いてきました。「シメシメ・・・」と思ってしまった私はサイテーですよね?(笑)

■私はミノーを投げ続けましたが反応がなかったため、流行の「ワインド釣法」にチェンジ。すると一発目にヒット。これもレギュラーサイズの指三本弱。サイズが上がりませんが個々にアタリは非常に多かったようです。
■島也さんもウキ一本に的を絞り集中して釣りをしていると反応が・・・しっかりラインを送り込み、アワセを入れて一本目をキャッチ。サイズアップした指4本クラスの良型でした。
■それぞれが数本ずつキープした所で一旦休憩を挟みます。寒くなったこの季節は波止で食べるカップ麺は激ウマですね。
■カップ麺に元気をもらい再開。すると、すぐさま島也さんのウキに反応が。やりとりを見ていると明かに大物の予感。しかし上がってきたのは一同仰天のアナゴ先生でした。これはノーカウントです。
■その後はダブルヒットがあったり、仕掛を切られたりと反応が続きエサが無くなったところで終了となりました。
■勝負の行方は・・・途中から本気モードで釣り続けたため分からなくなりました。(すいません・・・)  

■ここ最近はタチウオが比較的好調です。釣り方もきときといわしを使用した、ウキ、さぐり、テンヤ釣り。ルアーではミノー、バイブレーション、ワインド釣法など多種多様な釣り方が存在しますので非常に楽しめますよ。

■タチウオが釣ってみたいというアナタ!!当店スタッフがサポートさせて頂きます!!是非一度当店まで足を運んでみてください。
★小屋浦店スタッフも愛用中!!使えるコンテンツ満載!!釣りの総合ケータイサイト★
同行:アングル小屋浦店 島也 篤・松丸 俊和
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 野村 拓哉
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.