アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■大島&山口ナイトシーバス日記A〜大島ベイシーバス編〜

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2009.8.21(金) スズキ 山口県岩国市「森〜神浦〜和田」 波止 ルアー釣り



■前回の門前川釣行から2週間、今回はちょうど夏休みで帰省中の東原君と久しぶりに大島のベイシーバスを狙ってみることに。
■釣場は大島北東側をランガンスタイルでチェックしていくプラン。まずは大島店から車で約25分の森(地区名)からスタートです。
■釣場に着くと、波止の先端にはアジングを楽しんでいる方が。早速「スズキのボイルはありますか?」と尋ねてみると、「サヨリはおるけどスズキは見えんねぇ。」との事。試しにその場で20分ほどルアーを引いてみますが、やはり反応は無く早速移動となりました。

■次に向かったのが神浦の波止。港内に強力な常夜灯が照っているこの場所は波止のシェード(陰)にシーバスが居ついていることが良くあります。真っ先に波返しの下を除くと、明暗部にしっかりとシーバスの姿を確認。

■早速チェック開始。すると数投目でジップベイツのザブラシステムミノータイダル11Fをキャストしていた東原君にバイトが!!しかし、これは残念ながらフッキングには至りません。
■私もヒットを信じてひたすらルアーを通します。・・・と、そこでふと先日の「神浦で小さいサバがいっぱい釣れたけんね。」という朝比奈店長の言葉を思い出し、これはもしや“サバパターン!?”と勝手に解釈した私は、とりあえずアイマのサスケ烈波120をキャスト。

■すると、何と狙いが的中したのか1投目でヒット!!当日は超ライトPE(0.6号)を使用していた私は、玉網を用意はしていましたがかなり慎重気味に寄せ、無事意中のシーバスをランディング!!計測すると82cmとベイシーバスでは十分ともいえるグッドサイズでした。

■しかし、シーバスがシェード(陰)に固まっているのがこの場所の弱点で、この1匹以降はシーバスが散ってしまったのかノーバイトが続き、ここでやむなく移動。

■次はすぐ近くの和田港へ向かう私達。しかし、週末の為か波止は大賑わい。「さすがにこの中でルアーを引くのはチョット・・・」という事で今回はこれで納竿としました。

■今回、東原君がキャッチできなかったのは残念でしたが、彼も激しいバイトに触発されたのか「また行く!!今度は絶対釣る!!」と俄然シーバス熱に日が付いたご様子です。
■ルアージャンルでは「敷居の高い」イメージのあるシーバスゲームですが、基本的には「投げて巻くだけ」。もちろん女性やお子様でも手軽に楽しめ、ビギナーズラックも十分あり得ます。さらに「狙って」、「考えて」キャッチできれば楽しさや感動は倍以上ですよ!!
同行:東原君(お客様)
報告(写真・文責):アングル大島店 藤本 幸生
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.