アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■子どもと過ごす夏休み〜吉村家の場合〜■

調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
チヌ 広島県広島市「佐伯区五日市 三筋川」 河川 ルアー釣り
キス 広島県江田島市「切串周辺」 砂浜 投げ釣り



■天候が中々夏らしくなりませんがいかがお過ごしですか?私はというと相変わらず休みの度に釣り三昧・・・と言いたいところですが、この時期ばかりは違います。

■そう、巷は「夏休み」なのです。 釣具店といえば接客業なので基本的に平日しかお休みが取れません。子供と遊んでやる事もなかなか出来ないのですが、吉村家にとってこの季節だけは1年の中で特別なのです。
■そこでチビ達は楽しそうに泳いだり、「網」を持って何かを捕獲しようとバシャバシャやっています。「お前らに捕られるようなドンくさい魚はおりゃーせんよ。」と言っても1号(長男)いわく「そんなことないよ!オレ魚捕るんじゃケー!」と言ってまたも川へ入っていきます。
■お盆の前に連休を頂いた私は、まず初日大野町にある「妹背の滝」にチビ達を連れて泳ぎに行きました。海と違いひんやりとした空気が漂い、なんとも気持ちが良い感じです。
■しばらくして何も捕れなかったようでちょっぴりしょんぼりして帰ってきたので「ほいじゃー帰りに父さんがチヌ釣らしたる!」というと「ホンマに?」と少し元気が戻ってきました。 そこで帰りに五日市の「三筋川」の河口でコヤリグをキャストしてみます。

■潮が満ちてきて結構釣れそうな雰囲気です。そうしているとすぐに「ガツガツッ」とチヌからのバイトが!即アワセを入れると「グングン」と首を振っています。横に居た2号(長女)に「ほれ!チヌ釣れたけーアンタが巻きんさい!」と手渡すと「スゴーイ!!なんか重いよ!」とチヌの引きを楽しんでいます。取り込んでみると34cmのチヌでした。
■そこへ「昆虫捕獲の旅」から帰ってきた1号と3号(次男)が「ずるーい!俺たちも釣りたい!」と言っています。「アンタらが虫探しに行っとるからよ!まぁ待ちんさい。今釣っちゃるけー」と言い終わるとほぼ同時にまたもチヌからのアタリが!

■今回も即アワセを入れると心地よい「ヘッドシェイク」が伝わってきます。「ほれ!どんどん巻けよ!」と1号に手渡すと時折のされそうになりながらチヌを寄せてきます。3号にも途中交代しながら上がってきたのは31cmのチヌでした。
■そこで1号が「明日も父さん休みでしょ?だったら明日は海行きたい!」と言っています。あとの2人も同調し、次の日は海に行く事になりました。 そして、翌日江田島の切串へサヨリを釣りに行く事にしました。しかし、この日は非常に良い天気で気温は軽く30度を超えています。「溶けそう」になりながらサヨリを釣ったのですがサイズはすべて35cm前後の大型で、しかも子供でも問題なく釣れるのですが「お世話係」の私は暑すぎて写真を撮るのを忘れていました。(スイマセン・・・)
■しかも私を筆頭に家族全員が暑さのためにグロッキー気味になってしまい10匹ちょっと釣ったところで、少し休憩を挟んで今度はチョイ投げでキスを釣ろうということになりました。

■2時間の休憩の後、相手がキスという事もあり適当なところで車を停めて釣り開始です。

■私が投げてやり、竿を渡すという格好で釣りを開始しますがその一投目、3号が「今、ブルブルした!ねえ父さん巻いて良い?」とヒットコールです。
■穂先が「ブルブル」しているのを確認し、「よしゃ、巻け巻け!」と言うと必死に仕掛けを巻いています。上がってきたのは15cmをちょっと超えたキスでした。そして「ぼくの魚だ!」と上がってきたキスを砂浜でしげしげと眺めたりいじったりしています。

■次の一投は2号の番です。ゆっくりとリールを巻いていると穂先が「ビクビク」と引き込まれます。間髪入れずに竿をあおり、リールを巻き始めます。全くキスは初挑戦ながら見事なフッキングです。オヤジの目に「未来の児島玲子」が見えたのは言うまでもありません。「巻け巻け!」とゲキを飛ばしていると、上がってきたのはこれまた小さなキスでしたが「アタシが釣った!」と釣ったキスを手にしてこれまた大喜びです。
■「よし、あとは1号だけどアイツ何処行った?」と周りを見回すと海の中に入って「エビ」捕りの真っ最中です。「お前、釣らんのか?」と聞くと「うん。オレ、エビが捕りたい。」と少々肩透かしな返答。「まぁアイツがやりたい事で楽しめばええわ。」という事で1号はエビ捕り続行です。
■しばらくすると「父さん、これ持って帰ってもいい?」と捕獲に成功した小さなスジエビを誇らしそうに持って来ました。「持って帰っても死んじゃうからちーと見たら海へ帰しんさい。」というと少し残念そうな顔をしましたが、3人で「バイバァーイ」と海に放してこの日は家路に着くことになりました。 帰りは切串から宇品までフェリーに乗り「プチ旅行気分」も味わい、子供らと普段出来ない「ふれあい」も出来ました。

■そして帰宅してからもこの日の釣果をチビ3人で品評会です。その後自分たちで釣った魚を食べた3人は生き物に対して捕まえて(釣って)から食べるということを通じてそれぞれ何かを感じてくれたと思います。

■夏休みも残り約1週間となっていますが、子供さんとの思い出作りに「釣り」という選択肢も「アリ」だと思います。子供さんと一緒に普段出来ない自然との触れ合いを満喫してみてはいかがでしょう。 そして子供たちも充分に楽しんでくれた2日間でしたが、最後に奥様が一言「2日間おつかれ様。でもいつも行っとるのに何で休みの日に子供連れて2日連続で釣りなん?」「・・・スンマセン職業病です。」
★ケータイサイト【RCC釣り自慢】夏休みフォトフェスティバル開催のお知らせ★
■私吉村もイチオシのケータイサイト「RCC釣り自慢」では、ただいま「夏休みフォトフェスティバル」を開催中です。夏休みの楽しい釣りの思い出フォトをケータイで撮って投稿するだけで、お父様・お母様そしてお子様にも嬉しい景品がGETできちゃうかも!?是非皆様もこの夏イチバンの笑顔で投稿してみてくださいね。
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 吉村 慶
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.