アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■第2回「仙波鮎塾」は水量復活!?の太田川■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2009.6.25(木) アユ 広島県「太田川 安野〜坪野」 河川 友釣り



■今週より、ようやく梅雨らしい天気となり、鮎にとっても鮎師にとってもまさに「恵みの雨」が中国地方にもたらされました。

■そんな中、第2回目となる【仙波鮎塾】を開講しました。前回よりも状況が良くなっていることを信じ、再び釣場は太田川に決定。生徒さんは前回に引き続き吉光様です。
■朝7時、太田川ではお馴染みのオトリ屋「驛(えき)」さんに集合。早速川の状態をチェックします。すると、水量は10cmほど高位して良い状態ですが、一時的に強烈な雨が降った為か、ドロをかぶっているのが唯一気になるところです。
■まずは上流に向けて車を走らせ、最初に選んだ釣場は【安野 鉄橋下】です。橋から川を見下ろすと、やはりドロをかぶっていますが、実績もあって釣り易い場所だけにまずはここで竿を出してみることに。
■しかし、やはり掛かりは悪く、1時間ほどで見切りをつけてポイント移動。「どこか石のキレイなところを・・・」と、支流の西宇川等も巡って見ますが、ここもNG。結局本流へ戻り、さらに上流の【坪野】に寄って見ると、こちらは石もそこそこキレイで、見え鮎も確認。早速この【坪野】で釣りを再開する事となりました。
■まずは吉光様に石の見方や鮎の掛かりそうな場所をご説明し、昼食までの1時間ほどは実釣を交えて講習をさせて頂きました。
■そして、午後は午前中の講習を活かして、ご自身のスタイルで釣りを楽しんでいただきます。すると、すぐさま3連発と早くも入れ掛かりモード!!「オトリが良ければすぐに掛かるんですね」と吉光様。そうです。鮎の友釣りはまさに“循環の釣り”。活きの良いオトリをいかに使い続けられるかがポイントです。

■ペースに乗った吉光様はコンスタントに鮎を掛けられ、午後2時に満足の納竿となりました。
■今年の太田川はまだ場所ムラが残るものの、瀬釣りで元気いっぱいの鮎がかかり始めています。皆様もぜひ、釣行してみてください。
「今から鮎釣りを始めたい!!」「鮎釣りをレベルUPしたい!!」
そんなお客様を本店「仙波」が徹底応援致します!!

★6〜9月の4ヶ月連続開催!!ただいま参加者募集中!!★
↑「仙波鮎塾」の詳細は上記バナーをクリック!!↑
鮎用品・釣果情報の事なら
アングル本店
にお任せ下さい!!
TEL:(082)921-3516
までお気軽にどうぞ!!
オトリ取扱店:(えき)
広島市安佐北区安佐町小河内659-6
TEL:(082)-835-2699
同行(生徒さん):吉光様(お客様)
報告(写真・文責):アングル本店 仙波 弘次
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.