アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■イワシ湧く上関でフリースタイルプラッキング■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2009.2.15(日) メバル・シーバス・チヌ 山口県上関町「上関 室津海岸」 護岸・波止 ルアー



■今回、師匠の岡本さん、釣友の若林君と私の3人は「上関 室津にベイトが入ってる」と聞きつけ、大型メバルを狙いに釣行してきました。前回、1人の釣行では20cmオーバーが出せず苦戦しましたが、今日はなぜか釣れそうな気がしました。そんな雰囲気のときってありませんか??
■22時にアングル大島店を出発。釣場である上関室津までは約30分で到着です。

■潮は満潮からの下げ潮。今回はプラッキングを中心に釣りを展開したいと考えていましたので、まずは海面をチェック。すると期待通り小イワシの群れが接岸中。これは期待できそうです。

■しかし、護岸にはシーバスが数匹ついており、メバルの姿はありませんでした。「じゃシーバス釣ろうか」と岡本さん。「えっシーバスタックル持って来たん!?」「持って来てないよ、これで十分やろ」とフロロ3lbのついた メバルタックルを出し、ジップベイツ【ザブラ・システムミノー50S】をアップクロスでキャストする岡本さん。
■明暗を通し 巻いていると「あっ、ティップが曲がった」次の瞬間、すごい勢いでスプールが回転しラインがどんどん出て行きます。 「大丈夫なん?」「大丈夫大丈夫、無理せずドラグを緩めてラインを出す。止まったら少しドラグを締めてリフトしながら巻く、走り出したらまたドラグを緩める。その繰り返しで絶対獲れるよ。」と余裕の表情。むしろ楽しんでるような・・・


■心配している私と若林君をよそに、岡本さんは笑いながら「よー引くわこのシーバス!80cm以上あるかもね」 なんて言いながら10分が過ぎた頃、なんとシーバスの魚体が水面に出てきました。
■「おっ、デカイじゃん!でも玉網ないわー。あっちの方まで持って行くけぇ」と岡本さんが指差したのは100m先に見える石組み。

■その周辺は敷石、藻、岩があり、シーバスが走れば一貫の終わり。しかし岡本さんはドラグの調節をし石組みまでシーバスを引っ張っていきます。そして緊張の中、私がハンドランディング!!計測してみると・・・なんと約82cm!!(※メジャーの長さが足りないので2回に別けて測りました)いきなりのランカー登場に私と若林君は度肝を貫かれました。さすが師匠です。
■私と若林君も挑戦!1投目でヒット!しかしラインブレイク。そしてまたラインブレイク。そしてまた・・・。もう3回もラインブレイク・・・(泣)2lbのラインがブチブチと切られます。若林君も2回ラインブレイク。


■そして、またも私に大きなアタリ!!「今回はバラさない!」そんな気持ちで望んだ4回戦。師匠のアドバイスを参考にラインを出し慎重にファイトします。3分後、ようやく魚が浮き、キャッチしたのは40cmのチヌでした。
■1時間後、シーバス、チヌの地合も終わり、ラパラのアイスジグやハスキージャークで20〜23cmのメバルをゲットしました。もちろんワームでも釣れました。

■最初はメバルが釣れず苦戦しましたが、結果プラグやジグで20cmupのメバルをキャッチでき満足のいく釣行となりました。
■今回釣行した「上関 室津海岸」は上関長島との海峡で潮流が速く、潮のヨレにベイトが溜まり易い場所で、それらベイトを捕食する良型メバル、良型アジ、シーバス、チヌ等が1年中狙えるます。
■しかし、いずれのターゲットも回遊個体で、ベイトの数に釣果を左右されますので、毎日釣果が出るとは限りません。釣行前には【RCC釣り自慢】で最新の情報をチェックされる事をお薦めいたします。
■また、只今アングルではそんな使える携帯サイト【RCC釣り自慢】とコラボレートしたメバルンフォトフェスタを開催中です。1月・2月はたくさんのエントリー誠にありがとうございました!!3月も引き続き開催いたしておりますので、ぜひご参加くださいませ。
※大会の詳細は右バナーをクリック!!→→→
同行:岡本様・若林様(お客様)
報告(写真・文責):アングル大島店 藤本 幸生
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.