アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■広島近郊釣場にカレイシーズン到来&近場で波止釣りがアツい!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2009.11.16(月)・18(水) カレイ(イワシ・サヨリ) 広島県「江田島市 津久茂〜呉市 天応」 波止・護岸 投釣り



■ようや本格的なカレイシ−ズンを迎えつつある今日この頃、個人的にも10月31日の釣果でシ−ズンインとなり、次なる釣果を求め実釣に行って参りました。

■11月16日、まずは少し遠出して江田島へ出かけます。当初は昨年絶好調だった切串へと向かう予定でしたが、多少出遅れてフェリ−に乗った為、すでに釣り場には3名の方が竿を出されています。ここは諦めて切串から西へ移動。こちらも実績の高い津久茂海岸へ向かいます。
■こちらはまだ釣り人がおられなかったので、少しナマココギ船が気になりながらも竿を出すことにしました。

■1本目の竿をセットし終えたところで不安は的中、底引き漁の船がやってきます。このまま釣りにならないかと思いましたが、1度通り過ぎてからは戻ってこなかったので、3本の竿を出して実釣スタ−トです。

■まずは様子を見る為、餌は本虫のみ、本虫+青虫の房掛け、塩本虫+青虫の房掛けと、それぞれエサを付け分け左右中間と投げ分けます。この日の潮は大潮で満潮が9時過ぎでした。
■最初は餌取りが多く、竿を置くとすぐにアタリガでていたのですが、満潮前になり少しそれが和らぎます。すると真中に投げていた竿に今までと違うアタリが。慎重にアワせると確かな重量感が伝わりました。上がってきたのは30cmジャストの肉厚マコガレイでした。餌は本虫と青虫のミックス掛けでした。
■幸先よく本命をゲットしその後も期待しましたが、引き潮になってからは再び餌取りの猛攻に合います。餌取り対策の塩本虫を多投しても釣れるのはトラギスやベラばかり・・・。挙句の果てにはイイダコとヒトデのダブルヒット(笑)

■お昼を過ぎてからは塩本虫は餌が残るようになり、粘る事も考えましたが、この日は最初から昼過ぎで納竿と決めていたので、きっぱりと諦め能竿としました。

■何故早めの納竿を決断したかと申しますと、ここのところ坂ベイサイドビ−チで小イワシの回遊が絶好調!!ということでイワシ掬いにチャレンジするためです。急いでフェリ−に乗り込み、小屋浦店へと戻ります。解凍しておいたアミエビとヌカを積み込み、ベイサイドビ−チへ急行です。
■到着するとすでに何人かの方が網を構えておられましたが、肝心のイワシの姿が見えません…。しかし25cm程のサヨリが足元回遊しており、周りの方も順調に釣られていたので、急いで再び小屋浦店にサシアミと仕掛けを取りに戻ります。そしてすぐにトンボ帰りして実釣スタ−ト。
■最初は苦戦しましたが少しずつ釣れめ、何とかお土産程度確保した時でした。「イワシが入ったぞ」の声が、波止の根元の方を見ると大漁の小イワシの群れが入っていました。私もサヨリ釣りは終了、急いで網を持って現場へ急行します。(笑)

■イワシの進行方向に向けて網を付けると入る入る、たちまち網の中はイワシだらけに!!程ほどにしないと網が持ち上がりません…(笑)30分もたたないうちにクーラーの中はみるみるイワシでいっぱいになりました。

■店に帰り、小イワシをスタッフとお客様で分けていると、店長他ハマチ釣行組もちょうど帰ってきたので小イワシとハマチを物々交換して帰りました。その日の我が家はカレイ・サヨリ・小イワシ・ハマチと超大漁(?)に恵まれ、大忙しの休日を終える事ができました。本当に自然に感謝です!!
■それから2日後・・・■
■大漁から2日後の18日(水)今度は近くのカレイポイントを探るべく、一番実績が高く・大型が釣れる天応の大浜公園に釣行して来ました。

■午前8時過ぎ、小屋浦店で餌を購入してからポイントへ。メジャ−ポイントの上に釣行時間が遅かった為、空いているか心配でしたが、釣り人ゼロの貸切状態でベストポジションにて実釣スタ−ト。前回と同じく餌をそれぞれ付け分け、左右・中間と投げ分けます。

■そして2投目でした。一番右に投げた竿にアタリが。最初はエサ取りらしきアタリでしたがしばらく見ていると大きく穂先がお辞儀します。慎重に合わせると確かな重量感が、上がってきたのは31cmの良型マコガレイ。この日も幸先良く本命をゲットとなりました。

■それからまもなく真中の竿に大きな糸フケがでたので、糸フケを取り期待して合わせますが、残念ながらこれはスカ。
■その後はアタリもなく少し睡魔に襲われ始めていると、一番右に投げた竿のドラグが走り、独特のドラグ音が鳴り響きます。潮が流れるとこでないので期待に胸膨らませ合わせると確かな重量感!!しかし…喜んだのもつかの間、なんと根掛りしてしまいます。何とか根から出してやろうと公園側に回ってみたりしますが、残念ながらラインブレイクとなりました・・・。(涙)
■その後はエサ取りも増え、本虫も底を尽いたので、予備エサでエサ取り対策の塩本虫と青虫の房掛けで粘ります。しかし本命が釣れずまたもやイイダコが…(笑)

■午後2時が近づいたので、またもや最初だけかと思いながら、納竿準備に入り竿を1本しまい、2本目をしまおうとするとまたも重量感が。最初はヒトデかと思いましたが、黒い物体が浮いてきます。「なんだ海藻か」と、溜め息をつきかけた時ドラマが起きました。海藻の下に先ず先ずのカレイが付いているではありませんか!!(笑)

■アタリは取れなかったものの粘った末の1枚は29cmのマコガレイでした。
■これでちょうどエサもなくなり気持ちよく納竿となりました。 カレイはまだまだこれからが本番!!その後も、当店裏で中尾様30cm級を2枚・天応護岸では35cmを頭に3枚・倉橋島の本浦・桂が浜の波止では40cmオ−バ−や6枚の釣果など、続々とカレイの便りが届いています。

■ハマチフィ−バ−の後はカレイフィ−バ−?といった感じで、アタリ年を感じさせるほど急上昇中です。是非皆さんも是非御釣行下さい。
小屋浦店スタッフ島也も愛用中!!使えるコンテンツ満載!!釣りの総合ケータイサイト★
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 島也 篤
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.