アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「美咲丸で行く今が旬のイサキ釣り」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.6.24(火) イサキ・アジ 山口県沖「水無瀬島沖周辺」 吹流し・サビキ釣り



■手軽に強烈な引きを味わえるイサキ釣りシーズンがやってきました!!早く釣行したかったのだが、今回やっと予定を組む事が出来たので、今回の遊youプランは、イサキ狙いに遊漁船「美咲丸」の大川船長の御願いしました。
■船長から「まずは、イサキでお土産を確保してから、アジを狙います。また、イサキは、最近食いが渋いので、ハリスは細く、針は小さめがいいですよ。」と適切なアドバイスがあった。

■本日の釣行メンバーは、井崎さん、井上さん、金田さん、新本さん、池田さんと釣友の2人と私を含め8名です。
■大川船長の操船で、定刻の6時、ポイントの水無瀬へ向かう。風もなく波も穏やかだ。
■7時30分、ポイントに到着。辺りには、イサキ狙いの遊漁船7隻ほどの船が集まっている。15分後、魚探で反応を見ながら暫くすると、船長から「33mでやって下さい。」と投入合図で本日の釣りスタートです。

■船長から、27m、25m、15m‥‥と目まぐるしく指示があり、棚が変化する。 開始から30分近く過ぎても、バケツの中は全員海水だけだ(^_^;)
■8時30分、新本さんの竿が大きくしなり、取り込んだのは27cmのイサキだった。 右舷で竿を出していた、イサキ釣り初挑戦の井崎さんにアタリがきた。竿を立てて巻き始める。水深が浅い為、魚の引きは強烈だ!何度も道糸を引き出され、やっと顔を出したのは、本日最長寸の38cmのイサキだった。丸々と太って美味そうだ。「刺身が食べられる(^^♪)」とホクホクの井崎さん。
■今までの食い渋りが嘘のように次から次へとイサキが釣れ始め、船内には一気に活気が戻ってきた。私にもコツコツとイサキからの嬉しい魚信があり、一呼吸おいてから合わせを入れると、イサキが浮いてきた。36cmとまずまずの大きさで、とりあえずホッと一息だ。

■しかし、時合いは長く続かず、その後はポツポツの釣果になってしまった(>_<) 「いい反応があるんだけど、釣れんね‥‥。」と船長は不満な様子だ。
■午前10時、「アジ釣りに変更します!」と船長の声でポイントを移動する事に。 30分後、アジのポイントに到着。

■本日は、流し釣りではなく、イカリを打っての釣りなので、早速イカリを打ち、10時45分船長から本日のアジ釣りのアドバイスを受ける。仕掛は短い方がいいと言われ、アングルオリジナル、オーロラ蓄光MIX10、針4号、ハリス4号、幹糸6号の仕掛にアンドン100号をセット。
■「まずは、仕掛を底まで下ろし、仕掛が馴染むのを待ってから、1m間隔でシャクリ始めて、指示する棚でコマセを振って、チョンチョンと竿先を10cmほど上下させて下さい。」 とアドバイスを受ける。「それから、ドンドンとマキエして、アタリがなかったら直ぐにアミエビを入れて、攻めて攻めまくらないと釣れませんよ!いかに手返しよく釣るかが数を伸ばすコツですよ。」と付け加える船長。
■11時10分、コマセが効き始めると、右舷で釣っていた井上さんが35cm超の本命を釣り上げたのを皮切りに、30cm級が右舷、左舷問わず入れ食い状態に(^○^)
■新本さんが、すかさずエサをカゴの中に入れ投入すると、糸フケを取る前から強烈な引きが襲ってきた!これは、今までとは違う!!慎重にやり取りすると40cmのアジが海面に浮上してきた。
■金田さんの竿にもグングンと重いアタリがあり30cm級がダブルで掛かっていた。次も35cm級が下針に付いていた(^○^) しかし、それから暫くは、一服状態が続いた(^_^;)
■納竿まで後1時間となった午後12時50分頃から、再びアジがヒットし始め、皆さんのバケツの中が徐々に黒く染まってきた。私も船長の指示する棚まで仕掛を下ろし、マキエをしながら待つと、竿に小さなアタリがあり、巻き上げていると、途中も何度か竿先を大きく引き込む。上がってきたのは35cmのアジ。続いて32cm。次も同じ棚でアタリがあったが、食いが浅かったのか竿が絞られた時に針が外れてしまった(>_<)
■船中でもこのような光景があちこちで見られる。そんな中でも、やはり上手な人は釣るもので、井上さんは、積極的に誘いを繰り返しながら数を伸ばす。美咲丸の常連の池田さんも順調に数を伸ばした。
■午後2時、船長より「そろそろ納竿にしましょう!」の合図で終了となりました。 本日の釣果、27cm〜38cmのイサキが2匹〜5匹。30cm〜42cmのアジが10匹〜15匹でした。
■帰って早速、お気に入りの携帯サイト【RCC 釣り自慢】に投稿!!体力を使う船釣りから帰ってきて釣果報告するのもなかなか大変。しかし、これなら手軽に投稿できる上、サイズや数を競える『投稿ランキング』などお楽しみ要素も満載!!毎回「あー!!あとちょっと!!次は絶対1位とるぞ」などと、いつもヤル気にさせてくれています。

■さらに、釣果や天気・波といった情報をリアルタイムで入手できるので船釣り師(自称)の私も大いに活用させてもらっています。

【RCC 釣り自慢】について詳しくは・・・http://www.rcc.net/tsuri-jiman/
■最後に、今回私達が使用した仕掛けをご紹介。まずはイサキ釣り。仕掛は定評のハヤブサ製の【吹流し仕掛】を使用、仕掛が長く潮任せの釣りである為、糸ヨレ防止に【ゴムヨリトリ】は必須です。(ゴムヨリトリはテンビンの上側にセットします。続いてアジ掛かり釣りですが、流し釣りと違って仕掛けを素早く馴染ませるべくアンドンカゴは100号を使用。仕掛は各遊漁船で釣果爆発中の【オリジナル蓄光MIX】。掛かり釣りではハリスの短いものがオススメです。
■さて、次回の遊youプランですが7月2日に遊漁船【海ちゃん】で行く梅雨メバル釣行を予定しております。皆様も船の上で最高の思い出を作ってみませんか?「釣りやった事ない」という方でも心配ご無用!!私達スタッフがアドバイス致します。ご参加お待ちしております!!
       利用遊漁船:美咲丸(大川船長)
TEL:(090)3172−4664
出船場所:廿日市港
同行:井崎様・井上様・金田様・新本様・池田様
報告(写真・文責)アングル本店 山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.