アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■気温と共に釣果上昇中!!阿多田島でのっこみチヌ釣り■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.4.3(木) チヌ 広島県大竹市「阿多田島 0番の磯」 フカセ釣り



■少し出船が早くなり朝6時に玖波港から出船、船長のオススメで阿多田島の0番に渡る事になりました。ここは有名大会等で度々決勝の舞台になるらしく、釣れる磯なのは間違いありません。
■地形は手前はゴロタが点在しており20m程沖に藻のラインがありその沖にかけ上がりがあるポイントです。
■この日は気温も高くなり、釣れると予想していたのでマルキューの『チヌパワーDASH』を2袋と『白チヌ』1袋、『メガミックスチヌ』1袋につり万の『ターゲット3』を1袋にオキアミ生3kを2枚を前日に混ぜて置き、とりあえずポイントに撒いておきます。


■仕掛けは前回の事も考えて、道糸1.5ハリス1.5mに1.2号3m、1.5号と1.2号の直結部分の上にウキをセット。ウキはプロ山元の遠投00でウキのすぐ下にG6を打ちます。針はがまかつの遠投チヌ2号を使い釣り開始。
■潮は右に流れており偏光レンズ越しに見ると藻のラインが左に行くごとに沖になっている為、出来るだけ右沖に投げマキエをかぶせていきます。 オキアミ・ネリエを使っていきますがなかなかアタリがありません。でしたがネリエで底を取り、穂先でアタリを取っていると「コンっ」とアタリ。取り込んだのはこの日最初の33cmのチヌでした。
■その後やや遠投してオキアミでゆっくり探っていると、今度も底付近でヒット。ですがこちらも30cm・・・なかなかサイズが伸びません。
■どうやら(魚が)浮いているようだったのでマキエを絶やさないように潮上にマキエを打ち、仕掛けとマキエをしっかり合わせて流すと2投目でまたまたヒット!!先程よりも竿を絞め込むチヌは42cmとサイズアップ!!
■潮が止まり場所を変えてみようと今度は右側のスベリのような所から竿を出します。

■この場所も藻の沖側を狙っていきます。潮がだいぶ下がってきた所で藻の5m沖を流していたその時!!ウキが勢い良く入り、藻に入られない様に寄せて取り込むと40cmのチヌでした。
■「こうなったら」と時合いをのがさないよう釣っていきますが、藻に入られて切れたり、針外れしたものも多く、何とか取り込めた最大サイズが45cmのチヌでした。

■ほんの2時間弱でこの時合は終わり、気付けば迎えの時間。磯を洗い終了しました。2ケタ釣りには惜しくも届かなかったのですが、気温が高ければ数釣りが楽しめるのっこみのチヌ釣り。皆様も是非行かれて見てはいかがでしょうか。
利用渡船:大知渡船
大竹市玖波港出船
пF090-1688-6367
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 岡本 和士
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.