アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■中四国最大級 流水エリア「フィッシングレイクおおさ」でブレイク連発■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.4.29(火) ニジマス 岡山県新見市「フィッシングレイクおおさ」 管理釣場 ルアー



■連休を取っていた4月29日。前日はチヌのフカセ釣りを楽しんだ翌日、ずいぶん前から釣りに行こう行こうと思ってはいたもののなかなか足が伸びなかった中四国では最大級のストリーム系フィッシングレリア「フィッシングレイクおおさ」へ遊びに行ってきました。

■広島ではエリアゲームといえば「止水」の釣りが主流ですが、常設のストリーム系フィールドはこの釣場だけ。名前のとおりあの”フィッシングレイクたかみや”の姉妹!?兄弟エリアです。雪代が落ち着き水量が安定しはじめた頃でした。本当は朝一番から釣ろうと思っていましたが、前日のチヌフカセでくたびれてしまい朝6時に起床。8時くらいに五日市インターから中国自動車道の大佐スマートETCまでの高速を走ること約2時間。県道を経由し約20分くらいで釣場に到着です。
■受付で遊漁料2,100円(税込)を支払い、初めてなのでどこで釣ったらいいか訪ねると、目の前の川がその釣場でした。早速釣り支度を整えて釣場に立つとすごくイイ感じ。偏光グラスではグッドサイズのトラウト達が流れに乗っています。

■渓流の雰囲気だから、渓流で良く使うような「ゴールドベース」や「シルバーベース」のスプーンをチョイス。最初は忠さんバイト3gライムダイヤで活性チェックです。コレに反応すれば、キラキラ系でも釣れるってことで・・・。
■ハイ。釣りました。何の問題もなく、アップクロスにキャストしてニジマスの目の前をナナメに通過するように流すと、”クイッ!!”と流れから反れて、スプーンを咥えてくれました。ヒット後はちょっとおよび腰。ここのレインボーは想像以上に引っ張り泳ぎ回ります。流れに乗るとその流れからなかなか、寄せてこれず長時間ファイトが楽しめます。しかし、一歩気を抜くと容赦なくラインが石にコスレます。この日私は無謀にも2lb。ブチブチ切ってしまい、魚も多少スレてきた感があります。

■最初はいきなり釣れたのですが、ルアーを色々とチェンジすると、「やっぱりニジマス」と思える側面を伺わせます。エリアカラーへの反応が良いことに気づきます。ルアーをフォレストーのMIU2.2gにチェンジしてからは連続ヒット!!下流側でも同様のパターンで開始早々からかなり満喫していました。
■エリアカラーにチェンジしてからは、1投毎になんらかの反応が返ってくる状況で、アップクロスだけでなく、クロス、ダウンクロスと色々な角度からトラウトへのアプローチを試み楽しみました。

■釣っている中で「なんだか忠類川のサケ釣りを思い出しました」。というのも、はやり目の前をスーッと通過するルアーよりも、目の前で長い時間チラチラと動くタイプにより反応するって事が分かってしまったからです。

■偏光グラスで魚は見えるので、狙いを定めてその魚の目の前をできるだけ長い時間、ルアーをチラチラ見せているとパクリと食いついたのは、グッドサイズのレインボー!!バシッとアワセを入れると、グリングリンと暴れて豪快にジャンプ!!たまりません。
■その後しばらく散策。朝、管理棟で「いい」と話が出た流れ込み(バックウォーター)へ行ってみますが・・・スニーカーじゃ渡れませんでした(爆)ウェーダーのご用意をお忘れなく。どうやらここにレイクの魚が集まっているようで、アングラーも数人集まって釣りを楽しんでらっしゃいました。

■その後再びストリームエリアを上流に向かって釣りあがります。スプーンでレインボーは十分釣ることができ、楽しめたのでアマゴかネイティブのイワナ狙いにシフト。ルアーもスプーンからミノーにチェンジです。パニッシュでアップクロスにトゥイッチング!!高速リトリーブにも関わらず、猛ダッシュでトラウトがチェイス!!おー!!!追ってる追ってる!!と興奮すること請け合いです。が、チェイスする距離が短いんです。レインボーが圧倒的に多いので、ルアーの動き始めは反応が多いのですが、あまりルアーに対して深追いをしません。中には深追いをしてくるややサイズの小さい魚がいましたので、あれがもしかしたらアマゴだったのかもしれませんが、今回はアマゴをヒットさせることはできませんでした。
■ひとしきり釣りあがり、管理人の木原さんと、あそこがええ、あっちは面白だのたわいもない会話でコーヒーブレイク。天気もよく、山間の木々が揺れる音は気持イイ。

■夕刻がせまり、私は再び朝グッドサイズが多いと分かった管理棟下で再トライ。どうやら、夕方に水生昆虫のハッチが多くなったためか水面でライズする魚が多くなっていました。そこで、試しに表層引き・・・パクッってヒット!!その後はドラグ鳴らしまくりでキャッチしたのはこれもグッドサイズの50cm級!!ハンパなく引くここの魚は「おおさマス」とでも言いましょうか。
■何匹か同じように水面テロテロ引きでキャッチしましたが、そのうちヒットカラーのスプーンをブチ切られ意気消沈。しかしライズは止むことなく、続いていた為、思い切って小さいクランクをナチュラルドリフトさせてみるとこれがまたスゴイ!!釣れるすぎる。特にクリアーカラーに出がいい。ここでも良く切られてしまいました(泣)

■最終的にヒットカラーのクリアクランクが打ち止めになったので、違う色のクランクのニーリング。これで再び流れを掴んでとても楽しい一日を過ごせました。
■普段エリアゲームといえば止水の釣りをしている私自身、ストリーム系の釣りはあまり経験がなく「想像」での釣りでしたが、無邪気にその想像に応えてくれるフィッシングレイクおおさの環境に感謝であります。帰路も良い釣りができ、2時間の広島への道のりもあっという間、のりのりで帰ってきたのでした。

■ぜひこの連休中ご家族で釣りを・・・あるいは彼女とデート・・と思ってるアングラー。ルアーが難しいと思ってらっしゃるお父さんも「ファミリーエリア」でお子さんと一緒にエサ釣りも楽しめます。ぜひ、川の流れを感じてほしいですね。
   
フィッシングレイクおおさ
http://fishinglake-osa.com/info.htm
レイク・バックウォーター・ストリームエリア
開場期間:年中無休(12/31-1/2を除く)
開場時間:8:00-17:00
料金:1人2,100円(税込)
キープ匹数:2匹まで(30cm以下の魚2匹までお持ち帰り可能)
※31cm以上の魚はキャッチ&リリース


報告(写真・文責):アングル本部 植地尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.