アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■磯でイカダで好調!!宮島・阿多田島周辺のチヌ■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.3.28(金) チヌ 広島県大竹市「阿多田島 内浦」 フカセ釣り



■ここ最近、毎休日といっても良いほどチヌ釣りに出かけている私。まだ完全に“のっこみ”という訳ではありませんが・・・3月28日、この日も気付けば朝6時半出船『宮島・阿多田行』の渡船に乗り込んでおりました(笑)。当日は殆どのお客様がイカダ釣りの方。途中順番にイカダに付けながらも船は阿多田島に向かいました。
■今回渡礁したのは船長オススメの『内浦』。ここ最近、タイミングが悪いらしく大雨や気温が下がったりで思ったように数が伸びない私(・・・かろうじてボウズは回避していましたが・・・)「今度こそ!!」と船長の言葉を信じ、気合を入れます。

■前日までは南の風が吹いて暖かかったのですが、この日は北風の為か気温が下がり、またコンディションは悪め・・・。「またか?」とは思いつつも釣りを開始します。
■タフコンな時に限って準備は良いもの・・・今回は『マルキュー チヌパワーダッシュ』・『メガミックスチヌ』・『チヌパワームギ』・『釣り万 ターゲット3』を各1袋。さらに『オキアミ生3kg×2』というバッカン2杯分はくだらない量を前日に混ぜるという気合の入り様です(笑)「残してなるものか!!」と、仕掛けを作る前に20杯ほど撒いて仕掛けを作り始めます。

■さて仕掛ですが、道糸・ハリス共に1.5号。00号のウキに、ハリは『がまかつ 遠投チヌ2号』をチョイスしました。

■とりあえず藻の際を流したり、遠投も試みますが反応なし。さらに、場所を磯の右や左に移動してみますが、ヒットするのはメバルもしくはフグのみです。青い海苔のような藻がハリに掛かって上がってくるので底は取れていると思うのですが・・・なかなか本命チヌがアタってくれません。
■船長から聞いていた穴場『左側にある丸い岩』にも着目しますが、そろそろ満潮という所で「満ちれば・・・」と思っていた最初のポイントに戻る事に。
■そこでハリスを3mほどカットし、1.2号のハリスを同じく3m結びます(1.5号⇔1.2号)。そして藻の際から2mほど沖にマキエを3杯ほど打ち、仕掛を投入してマキエを5杯追加打ちして流していきます。相変わらずメバルは多いですが、先にもしくは後から打ったマキエまで仕掛けを引っ張って、サシエがマキエの中に入るようにするとオキアミでも高確率でメバルはかわせます。サバなどは厳しいですが・・・
■と、ここで待望のアタリ!!ある程度仕掛けが入っていった所で「スーッ」とウキが入ります。アワセると、「ズッシリ」とした重量感が手元に伝わります。「やっと来た!!」と思いましたが、なんせ藻の際。無理はできません。竿で思いっきりタメて左側にある藻の切れ目まで強引に誘導していきます。そして一気に空気を吸わせ、取り込めた40cmのチヌ。嬉しい反面「よかった・・・」と安堵する私。
■「時合なら連続で釣れる!!」と思い仕掛けを再投入。流していくと案の定、ウキが消しこまれます。また思いっきりタメて誘導しようとしますが、「あれ!?」チヌが思ったように浮きません。先程のよりも明らかにグッドサイズですが、一瞬のスキに藻に入られました。「出て来い!!」と糸を緩めますが、次の瞬間・・・ハリが外れて悲しいテンションが帰ってきました。
■この次もすぐに投入しますが、また反応が無くなってしまいました。かなり時合が短いようです。潮止まりの沈黙の後、暫くして下げ潮に入ると、また活性が復活。今度も藻の際で喰ってきます。前回の経験を活かしてさらに強引にやり取りし、取り込めたチヌが44cm。
■さらに続けて31cmと取り込む事に成功しました。(・・・その後3回もバラシてしまいましたが・・・)
■そして気付けば日も傾き始め、何とか船が来る前に「もう一枚追加しよう」と粘って見ましたが、無常にも迫る時間。船も見えてきた所で急いで道具を片付けて終了としました。

■今回の釣りを振り返って感じたのですが、どうもこの周辺のチヌは沖の本流で反応せず、藻や瀬の際で反応する事が大半です。もしそのような場所で喰ったとなると、かなり強引なやり取りを余儀なくされますので、少しチヌには太めと感じるかもしれませんが1.25号ぐらいの磯竿が良いと思われます。
■さて、阿多田・宮島のチヌの状況ですが、まだ若干ムラがあるようで、ボウズ〜10枚越えの二桁釣りをされた方もおられる様です。先週阿多田のスベリに釣行した際、私は2枚でしたが、近くのイカダで20枚ものチヌを釣られていました。

■その3日前には私が宮島の可部島にも行きましたが、3枚という釣果でした。しかし、全体を通してサイズは安定しているのが嬉しいところです。4月の水温の推移次第ではほとんどの個体がのっこみに入ると思われる広島湾のチヌ。皆様も一度行かれてみてはいかがでしょうか。
利用渡船:大知渡船
大竹市玖波港出船
пF090-1688-6367
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 岡本 和士
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.