アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■CATV「釣ってらっしゃい」ロケ 冬のフィッシングレイク高宮攻略法■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.1.31(木) ニジマス・イワナ・ブラウン 広島県安芸高田市「フィッシングレイク高宮」 管理釣場 ルアー



■冬のルアーゲームと言えば「メバル」とお答えになる方がほとんどでしょう。確かにメバルは面白い。しかし、冬にはもっともっと楽しめるルアーゲームがあります。それが”エリアトラウト”。「寒い」と思われるかも知れませんが、釣れれば自然に体は温かくなります。今回はようやく満水近くになった広島の管理釣場”フィッシングレイクたかみや”の雪中エリアゲームを楽しんできました。

■午前9時。現地にロケクルーと待ち合わせ。かなりのんびり出発です。この日は寒波が入っており中国自動車道で冬用タイヤ規制が出ている日でした。定刻どおり到着し、復活した釣場を前にタックルをセッティング。早速釣りスタートです。
■今回は本部の前田さんがいろいろと語ってくれました。レポーターさんは釣りをすのが今回初。いきなり私のタックルがレポーターさんの元に・・・ちょっと大丈夫!?と不安を抱きつつ様子をうかがっていました。

■釣場は通称「サクラの木」。最初はエリア3で遊ぼうかと思ってたのですが、すでに他の釣り客の方がいらっしゃったのでちょいと遠慮気味にスタート。しかし、この場所は釣れるんです。この時期は。

■水深が比較的浅くて、底に変化が多いのでトラウトが回ってくる回遊ルートになっています。狙いは的中、前田さんも開始数投でヒットに持ち込めました。その後も連続で釣れ、この場所で釣れるのが分かったので移動。
■移動した先は水深がある中の島。最初は中ノ島先端から管理等方向のディープでちょっとイイ型を狙ってみたのですが、ほとんど反応がなく、若干ポイントチェンジ。中ノ島の西側の奥のシャローで前田さんが連発しはじめます。

■さらに今田レポーターにもヒット。はやりこの場所も魚が回っているようでそのタイミングうまくルアーを通すことができればヒットチャンスがある状況。ヒットしてくるサイズは25〜30cmサイズのアベレージ。ここで私は色をつけましょうと欲を出して狙っては見ますが・・・釣れません。

■っとそこへ、前田さんなんとイワナをキャッチ。「やるなっ!!」っと思った私でした。収録内容も十分であとは私が何かを釣ってもらえれば・・・とプラッシャーをかけるカメラさん。
■しかし、私もいろいろルアーチェンジをしながら探りを入れるのですが、なかなか狙いの魚がヒットしません。「おかしい・・・おらんのかいな・・・」弱気になります。不思議とこう弱気になると釣れる魚も釣れなくなるような気がしてしまうのは私だけでしょうか。ふと、振り返れば、時間をもてあましているカメラさん。雪だるまつくりに奮闘中です。
■風も強くなってきたので、場所移動を提案。エリア1の堤帯の水車脇には魚が付いているでしょうということで・・・。釣りを再開するもアタリがめちゃくちゃ小さいんです。しかも底付近でアタルし、ラインが水車の水流でかなりフケてしまってなかなか掛けれない状況でした。しかーし!!なんとかブラウンを釣ることができました。

■撮影はコレにて終了。あとは夕刻までフリースタイルで楽しませて頂きました。
■そして夕刻。相変わらず前田さんはコンスタントにヒットさせています。色とかレンジを聞くと「銀で底よりちょい上です」と・・・。確かに銀ベースのスプーンで何度かアタリはあるもののうまくフックアップには至らない状況に少々手間取っていました。「色か?」「レンジか?」「回遊か?」・・・やっぱり底だよな。恐るべし先入観。

■夕方、水車が止まると全くなかったライズがポツリポツリと・・・。ちょっと魚が浮いて来てるように思えた私は、『困った時のカラシ色よ!!』と中層をリーリングしてグッドサイズをキャッチできました。夕日に映える魚の鮮やかなコントラストがカッコ良すぎ。
■顔つきはとても管理釣場の魚ではないでしょう。エリアゲームはやっぱり楽しい。釣れるし引くし、差が出るし。今年からルアーを初めてみようと思ってらっしゃる方にはぜひ、このトラウトゲームから初めてみませんか。まずは釣ってみましょう。
<エリアフィッシング フレッシャーズ応援します!!>
釣れなくて困ってる・・、始めたいけど良く分からない・・
一緒に上手になりませんか?
お問合せ先:082-921-1070 (アングル本部 担当:うえち・まえだ)
   
同行者:アングル本部 前田 大輔
報告(写真・文責):アングル本部 植地尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.