アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■冬になってもまだまだアジングシーズン継続中!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.12.26(金) アジ・メバル 山口県柳井市「大畠 鳴門漁港」 波止 ルアー釣り



■当店周辺の釣場でも最もポピュラーな釣りもの、それが『アジ』。食べて美味しいのはもちろんのこと、比較的“シーズンを問わず狙える”手軽さが魅力です。

■さて、今回はそんなアジを釣りたいという釣友の若林君の提案で、仕事帰りにちょろっと晩のおかずを調達しに行って参りました。
■選んだ釣場は大畠瀬戸に面する『大畠 鳴門漁港』。午後22時にアングル大島店を出発し、車で約10分。あっという間に釣場へ到着です。

■使用するルアーは実績十分の定番ワーム『オフト スクリューテールグラブ』でキマリ。なんと当店では現在このスクリューテールシリーズが通常価格の20%OFFと言う事で若林君も釣れ筋カラーを追加購入されていました。
■人気釣場にも関わらず、波止に着くと寒さのせいか先行者の姿が見えません。そこで私達はまず先端の常夜灯の下からチェック開始。

■まずは定番のクリアカラーを波止際に沿ってキャスト。早くも「コツコツ」と反応が返ってきますがフッキングには至りません。そこでジグヘッドのフックサイズを#6から#8へサイズダウン。すると釣れてきたのは12cmほどの可愛い小メバ。
■「さすがにこれは・・・」と再びフックを#6へ戻し、今度は先端に広がるウィード(藻場)の周りを狙う事に。

■この釣場のウィード(藻場)は範囲が広く、藻が1本1本長いのでもし藻にリグが掛かると3LB前後のライトラインでは回収は難しくなります。そこでラインテンションを張り、カーブフォール気味で藻の際スレスレをトレースしていると、先ほどとは違う「モゾッ」という鈍いアタリ。

■「アジだ!!」と確信し、「キュッ」と鋭くアワセを入れると青物らしい横走り。藻に入られないように抜き上げたのは20cmの本命アジ。
■これを見てスイッチの入った若林君。同じコースですぐさまアタリをキャッチし、まずまずのサイズのメバルをゲット。しかし、私が1匹釣って以降は後が続きません。2人で港内の釣れそうな場所をウロウロと釣り歩きますがアタってくるのは小型ばかり。


■30分ほどの試行錯誤の後、「暖を取りつつ移動しますか」と話をしていると、若林君の竿に大きなアタリ!!今日始めてのドラグが出るファイトに「やっと来たー!!」と大興奮の若林君。なんと釣れたのは27cmの良型アジ。
■その後私もすぐに20cmのアジをキャッチ。先程の沈黙が嘘のよう。不思議に思って海をよく見てみると潮が変わっていました。

■その後は、アジのレンジが徐々に浮き始め、ライズも始まり最高の状態。私お気に入りのクリア+ラメカラーのスクリューテールで本命を数匹追加することができました。
■若林君も同様にパターンを掴んでアジをGET。そして午後23時30分、2人ともおかずには十分のアジを釣り上げ、本格的に冷え始める前に納竿としました。
■大島・大畠・由宇周辺のアジは今後まだまだ釣果に期待できます。今回の釣行のように釣れない時間帯ももちろんありますが、アジとはいっても回遊魚ですので実績のある釣場では潮次第で突然回遊してくることも多い事から、“メバルを楽しみながら回遊が始まったらアジ”というダブルヘッダーも楽しめるでしょう。


■皆様も防寒着・グローブ・カイロと十分な防寒装備の上、手軽に楽しめるアジング・メバリングに挑戦してみてくださいね。
同行:若林君(お客様)
報告(写真・文責):アングル大島店 藤本 幸生
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.