アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■「フィッシングレイクおおさ」でパワフルトラウトと勝負!!■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2008.12.15(月) トラウト 岡山県新見市「フィッシングレイクおおさ」 管理釣場 ルアー釣り



■昨今は“フィネスフィッシングブーム”。仕事帰りに手軽に楽しめるメバルやアジも楽しいものですが、もう一つ忘れてはならないのが“エリアトラウト”。今年は少しスタートが遅くなってしまいましたが、挑戦して参りました。
■釣場に選んだのは岡山県新見市に昨年オープンした【フィッシングレイクおおさ】。ストーム・レイク・バックウォーター・ルアーポンド・ファミリーとヴァリエーションに富んだエリアと広大なフィールドが魅力の釣場です。


■広島ICから中国自動車道で大佐スマートICまで約2時間。高速を降りて約20分。途中信号があまり無い為か思っていたよりも早く、エリアに到着です。
■管理棟に入り、暖かいコーヒーを頂きながらマネージャーの木原さんからエリアの説明を受けます。自然渓流そのもののストリームエリアも魅力ですが、今回はお客様の鶴岡様がトラウト初挑戦という事で、ルアーポンドエリアで実釣&レクチャーとなりました。


■水深の浅いポンドにはグッドサイズのトラウトがウロウロ。すでに興奮気味の二人は早々とタックルをセットしてキャスト。
■久々のトラウトに翻弄される私を横に、釣り方を説明する前から鶴岡様にヒット!!今まで味わったことの無いトラウト特有のファイトに「うわ!!こんなに引くんじゃ!?」と鶴岡様。緩めのドラグ設定でゆっくり寄せ、25cm前後とレギュラーサイズのレインボーを見事キャッチ。


■その後も「アタった!!」「あー!!バレた!!」とヒット連発!!メバリングやアジングでリトリーブの釣りを習得済みの鶴岡様はすぐにこの釣りに順応されます。


■しかし、すべてのルアーで釣れる訳ではありません。これがトエリアの面白いところ。目の前にいる魚は同じでもルアーのカラー一つ違うだけで全く異なる反応を見せてきます。だから必要になってくる“ルアー(カラー)ローテーション”


■鶴岡様も幾度と無くはがゆい思いをしながら、徐々にエリア本来の楽しみが見えてきたご様子です。
■当日、気温が低めだった為か朝からヒットレンジは中層。デッドスローでいかにレンジをキープできるかがこの日のパターンのようです。


■その事を鶴岡様に告げ、私もしばし真剣モード。このエリア、全体的にシャローかつ非常にクリアな水質からヒットレンジが浅かれ深かれ、(トラウトの)ルアーへの反応がハッキリとサイトで確認できます。「このルアーには20cm間を開けてチェイス」・・・「こっちは10cmだ!!」・・・「喰った!!コレ(このルアー)じゃ!!」とヒットパターンを導き出せるので、大変良い練習になります。
■そして、鶴岡様が遂にやってしまいました!!「ピチャ。」という小さな波紋の後「ジジジジジジィー!!!!!」と強烈にロッドを締め込み、ジャンプ。その巨体が露になります。「おおっ!!やってますね!!」と駆け寄ってきた木原さんと2人で鶴岡さんを鼓舞します。


■当日の使用ラインは3ポンド。決して無茶はできません。約10分の格闘の末、ようやく岸際まで寄せる事に成功。しかし、最後までパワーが落ちないのが“おおさのトラウト”。何度ものダッシュをかわしてようやく取り込んだのは余裕の3キロオーバー。60cmのビッグワンでした。
■「いかん!!こりゃシビれたわい。」と魚を見てしばし呆然の鶴岡様。髪の毛程しかないラインで3キロを超えるモンスターを仕留めたのですから無理もありません。なんとも劇的なエリアデビューとなったのでした。


■私も当日のヒットカラーだったホワイトやピンク、ブラウン系のスプーンをローテーションして数釣りを楽しみますが、なかなか60UPはルアーとの“間合い”を詰めてくれません。さらにようやく「掛けた!!」と思ってもヒレに擦れて無念のラインブレイク。
■予想以上のパワーにリーダーを装着して、私もヒレピンの良型レインボーをゲット!!すぐさまこの感動を伝えるべく『RCC釣り自慢』に投稿します。
■マネージャーの木原さん曰く「ここで育ったそのサイズ(40cmぐらい)が一番引くんですよ。」との事。確かに30〜40cm級のトラウトがとにかくトルクフル。同じくポンドに入られていた方も「こんなに引くとは」と驚かれていました。
■お昼ごろまでポンドエリアで楽しんだ私達は「せっかくなので」と“フィッシングレイクおおさ”をぐるりと見学。車での移動ではありましたが「とにかく広い」このスケールには圧倒されます。
■「次はストリーム。その次はボートで・・・」と、早くも次回釣行に胸をときめかせながら釣場を後にしたのでした。
■いかにもな淵や瀬がある『ストリームエリア』、ボートで大型レインボーが出そうな『レイクエリア』、シャローに立ち込んでブレイクに着くマスを狙える『バックウォーターエリア』・・・と、とても一日では回りきれません(笑)。
■さて、今回釣行した【フィッシングレイクおおさ】にはエリアファン涎垂の豊富なエリアの他に、ご家族でも楽しめるファミリーエリア(エサ釣り可能)もあり、大佐源流公園内の美しい景観に包まれて楽しむ釣りは、まさに「癒し」そのもの。本気でエリアフィッシングを楽しむもよし、家族とのんびり休日を過ごすもよし。皆様も是非一度訪れてみてくださいね。
利用エリア:フィッシングレイクおおさ
岡山県新見市大佐上刑部1834-1
TEL:0867-98-4777
エリア・料金・レギュレーションの詳細はコチラ(おおさHP
同行:鶴岡様(お客様)
報告(写真・文責)アングル本部 前田大輔
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.