アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「とも丸で行く大アジ釣行」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.9.25(火) アジ 山口県沖「水無瀬周辺」 胴突き釣り



■今回の遊youプランは、アジを狙いに遊漁船「とも丸」の藤井船長に御願いしました。 藤井船長は、ベテラン、初心者を問わず本当に親切丁寧にご指導して下さいます。 会社仲間での釣りや接待なども大歓迎との事ですので、是非皆様もご利用下さい。
■9月25日、午前11時頃に私の携帯のベルが鳴り電話をとると、船釣り名人で当企画にも何度かご参加して頂いている隅坂様からでした。この日、釣りに行かれていたらしく、50cmのアジが3本、40cm級が6本、30cm〜35cmが18本と大漁で、サビキより3本胴突仕掛でエサを付けた方がよく釣れたから、明日の釣りはエサの方がいいですよとアドバイスを頂きました。わざわざご連絡を下さり感謝致します<(_ _)>
■今回の釣行メンバーは、当企画アジ釣り4回目の参加になる山田様と、初めてのアジ釣りに挑戦される矢野様ご夫妻の予定でしたが、残念な事に矢野様が急遽キャンセルとなり、山田様と私の2人の釣行となりました。

■午前6時、船に荷物の積み込みが完了!藤井船長に挨拶をして午前6時10分に廿日市フィッシャリーナを出船し、水無瀬(大水無瀬と小水無瀬)周辺のポイントを目指します。


■午前7時40分、小水無瀬に到着!!風が強く波もあり、私が見ても1m〜1.5m位あったと思います。船長が「予報では、今から風と波も治まるみたいだから、少しの間辛抱して釣って下さい。」との言葉を頂き、ほっとしながら早速釣りの準備に取り掛かる。 私の今回の仕掛は、3本胴突仕掛ロングハリス40cmを使用した。
■支度が終わった所で午前8時に。船長が魚探を見ながら「棚63m!」との合図でスタート(^O^)/ 船長の微妙な舵取りが功を奏し、早速、山田様にアジがヒットする。海面に姿を現したアジは、波止釣りではなかなか見る事が出来ない40cm弱のものでした。それを見た船長から「これでもまだ小さい方ですね。40cmを超えるものもザラですからね!」との事。 これが遊漁船の最大の魅力ではないだろうか(^^♪
■波があり、アタリがとりにくくなった山田様に船長から「釣れていますよー。」と声がかかり慌ててラインを巻き上げていく。水面に姿を現したのは35cmのアジ。まずまずのサイズで、丸々と太っている!!午前9時30分、潮止まりの時間を迎えアタリが遠のく・・・。船長が魚探を確認しながら、周辺海域を探してみるも反応なし‥‥特にアジなどの回遊魚を狙うとなると、潮の流れも重要な要素だから仕方ないといったところ。1時間後、再び魚探に魚影の固まりが動き始めた。潮が流れ始めたのだ!!
■すると、早速アタリが出始め船内が活気付いた。数分後、山田様にアタリがきた。今度は数匹掛かったようで、竿がひん曲がっている!!予感的中!! 30cm〜40cmクラスのアジと40cm級のマダイだ!!いずれも丸太で美味しそうだ。
■暫くして、山田様の竿先が、ガツンと引き込まれる。強烈なアタリだ。山田様も「オーッ!」 と驚きの声を上げる。浮いてきたのは、ホウボウで45cmあった。その後も、入れ食いというわけにはいかなかったが、コンスタントに釣れ続いた。
■この日は、午前8時から午後1時までと短い釣行時間ではあったが、30cm〜40cmのアジが23匹。45cmのホウボウが1匹。40cmのマダイが1匹という釣果だった。 今回お世話になった藤井船長には、根掛かりしにくいポイントに案内して頂きました。これは、釣りに集中したい人にとって一番嬉しい事かもしれない。ストレスなく釣りを楽しむ事が出来るのだから‥‥♪
■今回も残暑が厳しい釣行でしたが、秋の本格的シーズンはこれからです。 10月以降は「もういらない♪」という程の数釣りが楽しめる事は間違いないでしょう!!是非、皆様も家族連れで、会社の仲間と‥楽しく船釣りに行かれてみてはいかがでしょうか(^^♪
お世話になった遊漁船:とも丸
(船名:ピュアライズ)
船長:藤井 敏之船長
TEL:090-3745-2156
報告(写真・文責):アングル本店 山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.