アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■いよいよ本番!?倉橋でラン&ガンタチウオ■
+ウキ釣りオススメアイテム紹介

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.7.30(月) タチウオ 広島県呉市「倉橋島 室尾〜須川〜宇和木」 波止 ウキ・さぐり・ルアー釣り



■真夏の夜釣り人気ナンバーワンのタチウオ。今年も夜の波止には無数のケミホタルが輝き始めています。前回は呉の小坪港でハシリの時期に挑戦しましたが、今回はシーズン真っ只中ということで倉橋を南から釣り上がっていくプランに決定しました。
■夜8時、釣行の旗揚げでもある小屋浦店の小西さんと小屋浦店に集合。去年タチウオで絶大なレスポンスを発揮してくれた“アングル特製 きときとイワシ”と“とある秘密兵器”を購入し、一路倉橋島を目指します。
■まずは南から、ということで最初に到着したのは室尾港。ここは、去年に私が親友3人で釣行した際、友人が指6本半というモンスタードラゴンを釣り上げ、30匹オーバーの釣果も幾度と無く経験してきた私にとってまさに伝説のポイント。期待せずにはいられません。
■波止の上には5,6名の方がすでに竿を出されています。私達は、まずタナ調べ、ということでさぐり釣りからスタート。風ビューながらフォロー(追い風)だった為、とりあえず順調にタナチェック・・・ですが、どうも様子が変です。30分近くさぐり続けますが、アタリはおろかエサとなる稚魚(小イワシ)の姿さえ見受けられないのです。去年は同時期にナブラが立っていましたが、状況は常に変わるものです。早々と室尾港に見切りをつけ、次なる港へ移動します。
■さて、お次は須川か尾曽郷・・・と考えていたのですが、怪しいブラック(?)ライトで有名な尾曽郷は釣り人で一杯。偶然常夜灯下が空いていた須川港にて竿を出すことにしました。

■こちらも先行者の8割がタチウオ狙い。しかし、長い波止の上でタチウオがギラつく様子はありません。ですが、ものは試し。すぐさまイワシをセットして底付近さぐります。この釣場は非常に水深がある為、ベールオープンでフワフワと仕掛を底に送り、そのスキに夜食をむさぼります。
■私は糸の様子を確認しながら夜食の納豆巻を食べ終え、「よっこらしょ」と竿を持ち上げると「・・・コンコン・・・ブルブルブル」。あきらかに小型(しかも他魚)のアタリ。「しまった!!ほっときすぎた!!カサゴじゃ〜」と思い、底から魚を剥がそうとすると「ジュイー!!」といきなり走り出します。「えー!!」、と思わず反応してアワセを入れるとフッキングした様子。引きは紛れも無くタチウオでした。


■難なく波止に上がったタチウオのサイズはベルト級・・・ながら、嬉しい1本目です。ですが、アタリの小ささ、タナの深さからして苦戦を強いられることは必須です。


■しかしこの後、そんな不安を吹き飛ばす衝撃の変化が海面に現れたのでした・・・・・・。
■その正体は“ナブラ”。範囲は小さく、すぐに収まりますが、1分に5発前後のハイペースで出消えを続けます。「スゴイっすね〜。タチかね〜?」と小西さんに話しかけると、すでにルアーを振っておられました(笑)。私も偶然波止でお会いした小屋浦店のお客様と「ホンマにタチですかねー?」「サバだったらどうします」「そりゃ早すぎでしょー」などと談笑しながらナブラにルアーを打ち続けます。しかし、あらゆる形状のルアーをローテーションさせますが、反応ゼロ。魚群は2時間ばかり私達をあざ笑って去っていきました。
■その後、ウキにさぐりにルアーにと手を変え品を変え挑みますが、2人にアタリは訪れません。挙句には大型船の接岸により、この場所でも移動を余儀なくされました。
■思わぬナブラ発生にだいぶ時間をロスしてしまった様で、時刻はすでに2時半。「そろそろ朝の時合に備えんと」と次に向かったのが宇和木新波止。長く沖に張り出した旧波止の方が実績は上なのですが、釣り座が確保できなかった為、新波止にて本腰を下ろすことにしました。ここから秘密兵器投入の私はウキ釣りに変更。のんびりとウキを見守ります。(秘密兵器の詳細は写真を参照ください。)
■満月の光が煌々と海面に照り付けているからか、はたまた単に喰い気が薄いのか。理由は分かりませんが見事にアタリがありません。・・・次第に睡魔が襲ってきます。


■しかし!!先端で足元を探っていた小西さんの動きが一瞬にして機敏になります。私が駆けつけると、どうやらもうエサを加えている模様。最初で最後の1匹となる可能性が高いだけに慎重な小西さん。少し送り込んでアワセると、「グン!!」と竿が胴まで曲がる手応え。「こりゃベルトじゃ無いよ」と取り込んだのは、指4本近いグッドサイズ。
■ひとまず2人とも釣果を得たところで一安心。ですが、とても満足のいく釣果とはいえません。朝マヅメに勝負を掛けるべく、タナを調整し、エサをこまめに替え、足元まで丹念に探り・・・と試行錯誤を繰り返しますが、無常にも海は平静を保ったまま太陽は昇り、納竿時刻となってしまいました。
■今回、倉橋を釣行して感じたのは『日によってムラはあるもののタチウオはおる』という事。おそらくあのナブラの正体もタチウオですし(おそらくベイトの数に対してタチウオが少ないのでしょう。)、明け方には雨が降っているかのようなイワシの大群が港に押し寄せていました。エサのイワシは十分な倉橋。後は大御所の接岸を待つのみです。今年も各波止で爆釣劇を見せてくれることに期待しましょう。
■タチウオ特効エサ入荷■
只今、アングル各店ではタチウオシーズンの到来に伴い、昨年もご好評頂きましたアングル特製“きときとイワシ”を発売中です。阿多田島で獲れた地物のカタクチイワシを瞬間冷凍している為、鮮度・喰いはバツグン!!きらめくウロコがタチウオを刺激します。是非一度お試し下さい!!
1パック⇒販売価格368円(税込)
同行:アングル小屋浦店 小西 正広
報告(写真・文責):アングル本部 前田 大輔
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.