アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「メバル丸で行く広島湾の梅雨メバル釣り■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.7.2(月) メバル 広島湾「絵の島周辺」 船釣り 胴突き釣り



■午前4時、雷音で目が覚めた。外を見ると激しく雨が降り、時々稲妻が走っていた(>_<) 焦って船長に電話を入れると、1時間もしたら雨も止むだろうから、予定通り出港するとの事で、内心不安に思いながら集合場所へ急いだ。
■本日の遊youプラン遊漁船「めばる丸」で行くメバル釣りは、天気の崩れも予想して、絵の島沖に変更された。 本日の釣行メンバーは、私を含めて9名。午前5時30分、廿日市港から出発(^O^)/ 5時50分、絵の島沖のポイントに到着。 魚探を見ながら、船首と船尾からアンカーを投入。艇を固定して屋形を張り、早速、釣りの準備に取り掛かる。
■南西の風が吹いて、海上には、少しウネリがある(・.・;) 6時20分、釣り開始!潮は、大潮の満ち6分、潮流は、北東から南西へ緩やかに流れている。「いい感じで潮が 動いていますね。釣れそうですよ。」と砂野さん。 船首側に古田さん、砂野さん、杉原さん、山本さん、福澄さん、船尾側に牛島さん、村戸さん、川本さんが、釣り座を構える。
■釣り始めてすぐに「これは、メバルの引きだよ!」とリールを巻きなら、砂野さんが声を上げた。ほどなくして浮いてきたのは、本命のメバルだ。18cmあった。 ほぼ同時に船首の古田さんもメバルを引き抜いた。こちらも18cmだった。 5分後、今度は福澄さんの竿にアタリ。取り込んだのは、17.5cmのメバルだった。 その次の1投では、20cmのメバルを釣り上げて「これは、いいサイズ(^_^)v」とご満悦。
■そして、船尾で竿を出していた村戸さんの穂先が、グーンと引き込まれた。「こりゃーでかい。」とそれまでニコニコしていた村戸さんの表情が、真剣になる(―_―)!! 暫く魚の強烈な突っ込みに耐えた後、ゆっくりラインを巻き始めた。やがて、メバルの魚影が海中に見えてきた。浮いてからは、あまり抵抗しなかったので、一気に取り込んだ。 メバルのトリプルだ(@_@;)
■船首で竿を出していた、船メバル釣りは初めてと言う山本さんも20cmのメバルをダブルで釣り上げ「ヤミツキになりそうですね。」とニッコリ。 あちこちで竿が曲がり、船上は忙しくなった。釣れるメバルは、ほとんど15cm〜18cmと小型だが、数が釣れるのでみんな楽しそうだ。 杉原さんの竿が曲がり「これは、メバルだと思いますよ。」とリールを巻くと17cmと 19cmのメバルがダブルで釣れていた。「もっと大きいのが釣りたいね。」と言いながらも嬉しそうな杉原さん。「これも大きいと思うよ。」と古田さんがリールを巻き始める。 先調子のメバル竿がグーッと弓なりに曲がっている。船べりまで寄せてみると、22cm のメバルだ。「結構引きが強いですね(^_^;)」とメバルを見つめる古田さん。
■今度は、船尾で竿を出していた牛島さんの竿に大きなアタリが! 「良く引くなー。これは、メバルじゃないね。」と巻き上げる。 牛島さんが釣り上げたのは、25cmのアジだった。丸々と太っていて美味しそう! 「夕食の時に、刺身にしよう。」と笑みを浮かべる。 その後、村戸さんが20cmのメバルをゲット。これを機に村戸さんが爆釣モードになった。 18cmと20cmのメバルダブルを連続で釣り上げる。「絶好調ですよ。」と笑いが止まらない村戸さん。釣り開始から1時間30分たったところで、古田さんがバケツの中のメバルを数えて見ると55匹!「今日も大漁ですね。」と笑顔の古田さん。
■次に、船尾で竿を出していた、川本さんの竿先がグーンと海面に引き込まれた。これまでの メバルの引きとは明らかに違う。「アジですよ!」と川本さんはニヤリ。 上がってきたのは予想通りアジ。25cmまずまずの大きさだ。 続いて牛島さんにも同じサイズのアジがきた。群れが回遊してきたのかと期待したが、 アジのアタリは続かなかった(^_^;)
この後、入れ食いとまではいかないものの、5分に1回位の割り合いで、誰かがメバルを釣り上げる状態が続く。 そんな中、「来ましたよ。」と清水さんから声が掛かる。 釣り上げたのは、20.5cmのメバルだ。「海底近くで、ヒットしました。」と清水さん。 その直後、今度は、福澄さんの竿が曲がる。これも20cm級の良型メバルで、検寸すると、21cmだった。 10分後、またも清水さんにヒット!抜き上げたのは、20.5cmのメバル。 杉原さんは「ダブルですよ。」と18cmと21cmのメバルを釣り上げる。 「まだ、海底近くで食いますね。」と杉原さん。
コンスタントに釣れ続いていたが、次第にアタリが遠のいてきた。 「メバルの釣れる層が、浅くなってきましたね。メバルが中層に浮いてきたから、仕掛けのタナを浅くして!」と古田さんが、船首で竿を出していた3人にアドバイスする。 9時を過ぎると、徐々に風が強くなり、波が高くなって来た。 9時30分、南西の風が更に強くなり、メバルの微妙なアタリが取りづらくなり納竿。
当日の釣果、15cm〜22cmのメバルが30匹〜70匹。 20cm〜25cmのアジが、3匹でした。 次回の遊youプラン 遊漁船「SAKIMARU」で行く、広島湾のメバル釣りは、7月22日です。 たくさんのご参加をお待ちしております。
利用遊漁船:めばる丸
TEL 090-2800-1270
廿日市港出船
料金:1人6,000円(エサ付き)
同行者(お客様):杉原様 山本様 福澄様 砂野様
牛島様 川本様 古田様 村戸様
報告(写真・文責):アングル本店 山内 敏弘
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.