アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■解禁日から入れ掛り!!2007年江の川鮎解禁レポート■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.5.23(水) 広島県三次市「作木町 港の瀬付近」 河川 友釣り



■2007年5月23日。この日は私達鮎師にとって特別な日。いよいよ待ちに待った鮎の解禁日です。
■事前情報では解禁前18日の試し釣りで30分で15匹の好スタートの様子。これは期待大です。20・21・22日と予想通りの好釣果で100匹の声も聞かれました。21日にはダイワの村田満氏が港の瀬にて“132匹の入れ掛かり”と言う情報も飛び込んできました。
■期待に胸を膨らませ23日早朝7:00、作木村『港の瀬』にある道の駅に集合。今回釣行するメンバーは、本店から松田さんと平石さん。仁保店からは池本店長、そして私(仙波)の計4名での釣行。早速、川を見に行って見ると先行者が1名だけで300メートルの長い瀬が、ガラ空き状態です。
■午前7:30分、はやる気持ちを抑えて準備に取り掛かります。瀬肩から池本店長、瀬尻付近からは松田さん、私(仙波)、平石さんと並びます。今回の仕掛けは今年新発売のダイワ『メタコンポU』の0.05号を3M、針はダイワ『エアースピード』6.5号の4本イカリです。
■さあ、今年初の鮎釣りどうなるか、瀬脇に鮎を入れるとスグに大きなアタリがありますが、ほんとに大きなアタリで竿が胴から折れんばかりに曲がり水面で大きな尻尾が「バシャ」・・・その瞬間糸がヒラヒラと空中を漂っています。正体は鮎釣りの難敵「ニゴイ君」でした。
■気を取り直して鮎を入れると「ブルブル」と今度は鮎らしいアタリです、タモに収まったのは16cmほどのトラ模様の湖産鮎。それからポツポツとは掛かりますが入れ掛かりまでとはいきません。が、しかし1人瀬尻上の瀬肩で入れ掛かりの人が・・・本店の平石さんです。近寄って見ると、わずか畳6畳分の場所で『ウ〜ン、入れ掛かりデスヨ♪』とご機嫌です。
■正午、昼食を取る為にいったん車へ。午前中の釣果報告です。入れ掛かりの平石さんは44匹、池本店長30匹、松田さん40匹、私(仙波)39匹でした。全体的に流れの少しゆるいところでよく掛かったようです。
■昼食を済ませ午後1:00釣り開始です。午前中は、引き抜きの時に身切れが多かったので針を6.5号から7号の『スピード』に交換して挑みます。水温も朝より2度ほど上がり追いも活発で全員入れ掛かりモード突入です。瀬肩、瀬、チャラ瀬、トロ場どこでも黄色い鮎がメチャクチャ居ます。

■全員鮎釣りを堪能し午後5:00納竿です。結果、平石さん:92匹、池本店長:56匹、松田さん:86匹、私(仙波):93匹と絶好調の滑り出しを見せた江の川でした。
■帰り際、お客様のN様が寄られて『大津の瀬 下の鉄橋』で100匹の束釣りをされていました、圧巻です。例年にも稀なほど解禁からこれだけ掛かる江の川。是非皆様も釣行してみては如何でしょうか。
同行:アングル本店 松田 導明・平石 健一郎/アングル仁保店 池本 直紀
報告(写真・文責):パワーアングル草津店 仙波 弘次
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.