アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■CATV「釣ってらっしゃ〜い!!」ロケ 春を探しに三段峡で渓流釣りに挑戦!!

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.3.6(火) アマゴ 広島県安芸太田市戸河内「三段峡 柴木川・太田川」 渓流釣り ミャク釣り・ルアー



■いよいよ春到来!?広島県の有力河川が3月1日に解禁して、お客様から「釣ったよー」のお電話を頂くたびに【あー自分も早く春を感じたい!!】と切に願っていた6日。春を探しに行ってきました。

■今回の釣り場は広島県県北戸河内インターチェンジからほど近い、景勝地「三段峡」。広大な流域を構える三段峡はエサ釣りはもちろん、ルアーやフライでも人気のある川。今回メインで釣行した柴木川沿いには遊歩道が設備されているので、初心者でも入釣がしやすいのでオススメです。釣りだけでなく、5月の連休や秋の紅葉シーズンには多くのハイカーが訪れる場所としても有名です。
■そんな三段峡。私は年券を購入し、今季はこのエリアを中心に渓流を楽しもうと心に決めていました。

■取材当日は生憎の寒波到来の日。五日市を出発して湯来町を越えたあたりから雪が降るなか、釣り場に到着したころには景色はまさに「雪景色」でありました。

■駐車場から遊歩道を歩きながら釣れそうなポイントを探します。今回は本部の前田君も渓流初挑戦でお手伝い。
■最初は全員えさ釣りからスタートです。レポーター相本さんにだいたいの釣り方を説明しますが、さすがに、初挑戦でミャク釣りは少々難しいかもと思い、最初はウキ釣りで挑戦してもらいましたが、意外と水量が多くすぐに和がされてしまうウキ釣りではあまり効率良い釣りはできていませんでした。
■最初のポイントで私が15cm前後の小さいアマゴを釣ります。小さいですがとても綺麗なアマゴでした。とりあえず、今季初のアマゴということでヨシとします。

■釣れたポイントは流芯ではなく、流芯の脇にある反転流でヒットしました。この日の気温がマイナス2度。水温が朝の時点で6度でしたので、まだまだ流れの強い場所にはいないようです。

■前田君も果敢に谷を下りて、竿を伸ばします。まだ渓流慣れしていない前田君にアドバイスをして私も竿を出します。前日の雨だったにも関わらず、水は非常にクリア。魚がいそうなピンスポットに仕掛けを振りこみ、できるだけ底をエサが流れるようにナチュラルドリフト。
■そして私の目印が止まります。「あれ?おかしいな?」とキュッとアワセをいれると見事にヒット!!一気に抜き上げるとそれはなんとゴギでした。慌てて、背中のランディングネットに手を伸ばしていると、「ポロッ」とオートリリース。

■「しゃーないな。」サイズは15cmあるかないかの小さなゴギでしたし、この釣り場はなんだか釣れそうな気配がしました。そして次ぎの瀬に仕掛を振りこむとまたしてもヒット!!今度のは先ほどよりもだいぶ大きい!!
■ネットでさっとキャッチしたのはこれまた綺麗なアマゴでした。遠くにいる取材クルーに「釣ったよー」と全身でアピール。小判状のパーマークに散りばめられた朱点が目を奪います。この出会いが渓流釣りの最高の魅力。【賢くなって戻って来い!!】とやさしくリリース。

■その後、天候は回復してきたものの3人が一度の入られる釣り場が少なく、しばらく遊歩道を歩きますが、かなり歩いたところで断念。お昼の時間も回っていることもあり、一旦車まで戻って別の河川を探ってみようとロケクルーと相談です。

■そして次ぎに移動したのは三段峡ではなく、三段峡管轄内の太田川の本流。しかしどうしたことでしょうか、本流なのに柴木川より全然水がありません。「こりゃ参ったな〜」と思いながらも、トロと淵が連続するポイントに狙いを付け釣り開始です。ここで取材クルーが「あの〜植地さん。午後5時までに岩国に戻らないといけないので・・・」と衝撃のリミット宣告。しかし、仕方ありません、限られた時間の中で結果を出さなくてはならないのです。

■ここから私は目覚めました。ルアーにシフト。超高速であらゆるポイントにチェックを入れ、チェイスがなければすぐに移動という釣りスタイルに変更です。が、結局時間ギレ。諦めて道路に上り、帰り道を歩きました・・・。帰り道、「そうだ、車を止めたすぐ近くに堰堤があったそ!!最後にあそこをチェックしよう」と足早に移動。
■そして見事キャッチ!!このポイントにはかなり多くの魚が足止めされていたようで、最初にスプーン(銀系)を通したとき、リアクションしきれてなかったので、ド派手な「忠さんのスプーン マスター2.5g レンボーダイヤ」にスイッチして一発で食ってきました。

■サイズも良く、なおかつ今日一番の朱点の鮮やかさに喜びもひとしお。おそらくVTRには「子供」が映っていることでしょう。まさに、童心に帰れる渓流釣り、エサ・ルアー・フライで春の渓流釣りにチャレンジされてみてはいかがでしょうか?
■ちなみに、写真右下の管理釣り場みたいなプールで帰りに竿を出してみたところ、なんとここでも元気印のアマゴが7cmミノーを果敢にチェイスしてきました。サイズも20cmクラス。一見、誰も竿を出さないような、意外なポイントがやっぱり穴場なんだろうなと思うのでした。
三段峡漁協 遊漁鑑札
年券:2,500円
(写真必要)
日券:1,000円
(写真不用)
※上記鑑札はアングル本店・パワーアングル草津店で取扱い販売中です。

同行者:前田 大輔(アングル本部))
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.