アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

愛媛 白石ノ鼻で“のっこみチヌ”大爆釣!?

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.3.22(木) チヌ 愛媛県松山市勝岡町「白石ノ鼻」
波止 フカセ釣り



■桜も咲くシーズンとなり、『白石ノ鼻周辺でのっこみチヌが釣れ出した』とお客様のM様より情報をいただき、早速二人で釣行することになりました。
■釣り場はどうやら白石ノ鼻手前の石積みの波止が良いらしく、そのポイントに朝6:30ごろに着き早速車から道具を降ろし、いざ釣り場に移動です。

■まずはマキエ作り。オキアミ生1/4(3kg)と集魚材を2袋をバッカンに入れ混ぜます。そして、ポイントに何回かマキエを撒き、潮の流れを確認。白石ノ鼻向きに流れている満ちの潮のようです。

■確認するとすぐさまタックルをセットし、いざ釣り開始です!!
■7〜8mほど軽く遠投し、そこから流して行く釣り方。潮は手前の砂浜の方に入り込む流れで余り良くない流れです。1時間ほどアタリが無い状態に、ボーズか??・・・とイヤな予感が頭をよぎりますが、この場所を信じて仕掛けを流していきます。すると、徐々に潮の流れが変っているような・・・??いえ、間違いなく少し沖に向かい潮が流れだしています。
■その時!!ウキがゆっくりと沈んでいきます、チヌかっ!?と思ったのもつかの間、スプールからラインが勢い良くでていきます!!すかさずアワセ入れヒット!!「手ごたえあり!!チヌに間違いない!!」・・確信した私は真剣にチヌをいなし、確実にタモの中へ。そしてなんとか1匹目をGET!!サイズも38pとまずまずです。
■私がチヌを納めていると、隣のM様も竿を大きく曲げています。なかなか浮いてこないところを見てもなかなかのサイズのようです。無事上がって来たのは42cmと一回り大きなグッドサイズ!!さらにM様に連続ヒット!!またも竿が大きく絞られますが、「あぁぁ!!バレた!!」の雄叫びの後、無念のフックオフです。
■それから、潮も止まり1時間ぐらいの沈黙が続きます。しかし、次第に左に潮がゆっくりと流れだし、待ちに待った“引き潮”の到来です。
■その直後、ウキが水面から消えると同時にアタリが手元まで伝わってきました。釣果はチヌの30pクラス。

■その後もたて続けにヒットし、27pをGET!!しかし、その後はアタリも無くなりPM12:00に納竿となりました。
■今日は2人でチヌ4匹。私的には、満足の釣果でした。これから4月にかけてもまだまだ釣れる“のっこみチヌ”。手軽に行けるのも魅力なこの釣りに是非チャレンジしてみて下さい。

★ワンポイントアドバイス★
1.満ち潮の場合は、ウキ下は、約3ヒロぐらが目安。引き潮の場合は、4ヒロぐらいが目安。手前は少し浅いので気をつけましょう。

2.潮の動き初めにヒットが集中します。

3.両潮とも潮が速く流れるので、ハリスにガン玉などを打っても良いでしょう。

4.潮流が速いポイントです。集魚効果を持続させる為にもこまめにマキエを打ちましょう。
■使用タックル:竿(磯竿0.6号-5.3m)・リール(LB付2500番)
道糸(ナイロン1.7号)・ハリス(フロロカーボン1.5号)
ウキ(ナナメウキ)・ハリ(チヌ針4号)
■当日のデータ:満潮10:58/干潮5:00
同行:M様(お客様)
報告(写真・文責)アングル松前店 管 志郎
<<<BACK

潟Aングル各店舗紹介潟Aングル会社案内釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣具各メーカーの新製品情報釣り方・魚種に的を絞った特集記事初心者のための釣り講座管理釣り場の紹介掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.