アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■遊youプラン「弘福丸で行くタチウオジギング釣行」■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.11.29(木) タチウオ 広島県「倉橋島沖」 ジギング・エサ釣り



■11月29日、お客様の菊和様と私、そして乗合の方5名に急遽駆けつけてくれた小屋浦店の小西君を含め計8名でタチウオを狙って釣行してきました。
■朝6時50分、今回お世話になる『弘福丸』さんに挨拶を済ませ草津港を出船。釣場である倉橋島沖へ向かいます。


■ちょうど音戸の瀬戸を抜けたころでしょうか。かなりの強風が吹き荒れ、早くも体温を奪われ始めますが船下にタチウオの群れが居ることを信じ、リグを組みます。
■私達と乗合の方はジギングですが、菊和様はお手製の3本針仕掛にコノシロの身を付けた天秤仕掛。準備が整った頃、船長の合図で一斉に投入です。
■さて、誰が最初に釣るのでしょう。まずは水深40〜60mのタナを少しづつ移動しながら探っていきます。すると、早くもジギングの方と菊和様の竿が曲がります。
■キャッチされたのは菊和様の中では小ぶりだそうですがまずまずの型のタチウオ。順調な滑り出しに「よーし!!ガンバるぞ!!」と巻いては降ろし、巻いては降ろし・・・と久しぶりのジギングを楽しむ私。隣では小西君がジグをローテーションしながら頑張っています。
■船長の指示されたタナをひたすら探っていると私の竿に「ググッ」という手応え。「やった!!私にもきた!!」と喜びながらも一安心。私が取り込むと同時に菊和様にもヒット。またまたタチウオを上げられました。短い間でしたが時合が訪れ、船中何本かタチウオを取り込んだところで次第に波風が強くなり、ここでタチウオは一時休憩。
■すると船長がキャビンからおもむろにエギと中オモリを持って来られます。という事で休憩時間はコウイカ狙いでボートエギングを敢行。最初に船長から釣り方の説明があり、早速仕掛を投入。

■ここでも早い!!菊和様。早速コウイカをGETです。「私もお土産を!!」とシャクってみると「グイグイ・・・」ヒットです。ゆっくり回収しますが「あっ!!」急にテンションが無くなり痛恨のバラシ。
■更に強くなってきた風と波が容赦なく三半規管を狂わせます。あまり船に強くない私は本日2錠目の酔い止めを飲み、再び竿を握ります。

■釣り座に戻って周りを見るとなんと菊和様はその後2ハイ追加された様子。さらに小西君にもヒット。慎重に巻き上げ、船長のタモ助で見事キャッチ。しかし、自分が釣るのに一生懸命になっていた私はなんと撮影をスルー・・・(菊和様・小西君、ゴメンナサイ;;)

■数ハイのイカをキャッチした所で「タチウオ(釣り)に戻そう」と提案。しかし、まだピューピューと激しく北風が吹き荒れ、本来のポイントには入ることができません。しかし、こんなタフコンでも菊和様は最後にきっちりタチウオを追加され、午後4時納竿となりました。
■今回、タチウオは貧果に終わってしまいましたが、数日前までは指5〜6本と大型、しかも数も20〜30本と大漁だったそうです。ですが今回のようにシケるとやはり・・・自然にはかないません。しかし、今回の様な釣果でも最近めっきりタチウオにハマっていらっしゃる菊和様は、帰りの道中も「次はいつ行こうか?」ともう既に次のタチウオ釣りの話題で大盛り上がり^^私もまた天候を見て必ずリベンジしたいと思います。(小西君も、ネ!?)
■弘福丸さんは船が大きく快適でご兄弟で出船されており、小まめに状況を見ていただけるので皆さん安心して釣りを楽しんでいただける親切な遊漁船です。是非一度乗ってみてくださいね。
■ご参加頂きました菊和様、ご協力頂きました弘福丸さん、ありがとうございました!!是非またご一緒しましょう!!
利用遊漁船:弘福丸(恵南船長)
出船:草津港
TEL:090-4800-3869
同行:菊和様(お客様)・アングル小屋浦店 小西 正広
報告(写真・文責):パワーアングル草津店 伊東 美香
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.