アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■ベイトを追え!!ラン&ガンスタイルでナイトシーバッシング!!■
★第2弾〜大畠 鳴門漁港編〜★

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2007.11.21(水) シーバス 山口県柳井市「大畠 鳴門漁港」 波止 ルアー



■11月9日の大畠シーバスから2週間。期間としては短いですが、人間でも「あれ?」というほど気温の変化が解るほど状況に差が出る時期です。少々不安になりながらも午後8時に大島店を出発。
■まずはもちろん『大畠駅浦』をチェックします。しかし、潮の具合からか、パターンが変化したのか魚やベイトの姿は確認できず・・・。

■そして次に向かったのがお隣の『大畠港』。残念ながらここも小型のベイトはいるものの追われている気配はありません。

■ならではと次はさらに西側の『鳴門漁港』へ。すると、常夜灯に照らされた水面にはサヨリの群れが無数に!!「もしかしてサヨリパターンに移行したのかも・・・」と、タックルボックスからロング(スリム)ミノーを引っ張り出してチェックスタート。
■巷ではよく“鬼門”と称されるサヨリパターン。私にも一抹の不安がよぎります。しかし、「絶対に釣れる」というプレッシャーが無いシーバスフィッシング。あくまでマイペースにルアーをトレースします。


■ベイトの数からいって数匹のシーバスが付いていてもおかしくない状況なのですが、それにしても「サヨリ多すぎ!!(笑)」14p近いミノーとなるとフックは3本。かなりの高確率でフッキングしてしまいます・・・サヨリが・・・(爆)
■それでも釣れる(サヨリの)サイズが20p前後とベイトに最適なサイズであることから、めげずにカーブした波止をくまなく引き倒してみます。・・・が、やっぱりサヨリ。
■しかし、波止の先端はどうやら様子が違います。港に入ってくる潮の流れが速いからかサヨリの数は少なく、ミオ筋に生えるウィード(立ち藻)から波止のシェードにかけてシーバスがつきそうなポイントがたくさん!!とりあえず、ここでしばらく勝負する事に。
■まずは波止先端から水平もしくは垂直にキャスト。ミオ筋からシェードにかけてをトレースします。すると「ガシッ」とリトリーブを止められるようなアタリ。強烈なファイトからシーバスである事を確認します。

■流れの早い港の出口。流れに乗せてはマズイと思い、竿を倒して強引に寄せるとシーバスも表層のサヨリを蹴散らすエラ洗いで応戦。しばらくのファイトの末、なんとかキャッチ。
■サイズは9日の2本と同様70UP。シーバスの中ではやや小ぶりながら引きはパワフルそのもの。どのくらいサヨリを食べていたか調べたいとも思いましたが、波止に上げたにも関わらず元気な個体だったのですぐさまリリース。

■その後、サヨリが散った後はボイルも無くなり、広いレンジを探ってもヒットすることはありませんでした。
■お客様からの情報によると90pUPの大型も釣れる鳴門漁港。私は前回、今回とも短時間のチェックで運良くシーバスの姿を確認する事ができました。このように、ナイトシーバスは仕事帰り手軽に釣行できるのが魅力です。皆様も是非ベイトに付いたシーバスを探してみて下さい。ちなみに鳴門漁港のサヨリパターンは12月中旬頃まで楽しめそうです。

■また、ルアーや釣場など詳しいことはアングル大島店までお問合せ下さいませ。
報告(写真・文責):アングル大島店 藤本 幸生
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)ANGLE Corporation.All rights reserved.