アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■狙うは50UP!!真夏の弥栄ダムリベンジ釣行■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.8.4(金) バス 広島県 大竹市「弥栄ダム」 ダム ルアー




■先日、CATV『釣ってらっしゃい』のバスフィッシングロケに出演し、とても残念な釣果だった私は、もう一度弥栄ダムでリベンジしたいなと思っていました。そんな所にわたしの長年の親友であり釣友でもある、現在大阪在住の西本君から連絡があり「今度広島に帰んねんけど、一緒に釣り行かへん?」との事。彼は私よりバスフィッシング歴が長く、私にとっては先輩アングラーです。(小)「どこ行きたい?」と聞くと(西)「弥栄ダムがええんちゃう?」との返答。これはしめた!!とばかりに(小)「そりゃ、弥栄ダムしかないじゃろ!!」という事で心強いパートナーを迎えてのリベンジ釣行となりました。
■釣行日当日、西本君は大阪から車での夜間走行にて来広です。西本君にとっては過密スケジュールを経ての釣行になりますが本人はヤル気一杯です。彼とは一年半ぶりの再開で道中の車内では弥栄ダムの傾向と対策や昔の思い出話に花が咲きます。


■そして現地に到着。レンタルボートの開店時間より一時間早く到着した為「早めにリグるか〜」とタックルを出そうとするとありえないことが起こります。なんと、タックルボックスをそっくりそのまま忘れてきています…(泣)。さすがに取りに帰る時間はありません。唯一の救いだったのがタックルボックスに入れる前の最近購入したルアーを持参していた事です。その中身は私にとって使えるルアーばかりでしたので(自分で選んでいるので当たり前ですが…)何とか釣りになるな。と胸をなでおろします。
■そうこうしている内にレンタルボートの開店時間になります。出鼻をくじかれ意気消沈気味の私を後ろ目に西本君が車から何かを取り出しています。なんとそれは新品のエレキです。大阪の釣り友達が出資し合って買っちゃったとの事でそんなピカピカのエレキをセットしいざ出船です。弥栄ダムでは足漕ぎの経験しかなかった私にとってエレキの機動力は感動モノで、当時から目を付けていた小瀬川上流へ一気に向かいました。
■エレキパワーですぐにポイントに到着。釣行日前日に本店の尾崎君から「白滝公園の小さな橋付近にめちゃくちゃデカいバスがいましたよ〜」と聞かされており、どうもその付近が気になります。しかし、もうそこには先行者の方がおられて、だいぶ叩かれている様子。ポイントを変更して、最上流に行こうとしましたがそこにも先行者がおられます…。「うーん…」、とここでプチ作戦会議。結果、上流から下りながらカバーや岩盤を攻めることに決定し、上流から流しながらキャストしていきます。
■まずは、サーチベイトとして西本君はスピナーベイトを、私はフォローとしてラバージグを落としていきます。しかしどちらも反応ナシ…。そこでルアーをワームにチェンジし、パターンとレンジを探ります。すると、まず西本君がやってくれました!!ツネキチリグで今日初バスゲットです!!
■「少し活性が上がったみたい」という事でルアーをスピナーベイトに戻しトップレンジを引いてくるとまたもやヒット!!ロッドが大きく絞り込まれます。先ほどのバスより全然デカそうです!!強引に寄せるとブレイクの恐れがある為、十分に時間を使い、慎重にやりとりします。そして、バスが疲れて浮いてきた所で私が玉スケをしてついにGET!!その魚体を見ると川バスのようなスリムで筋肉質なバスです。スケールに当てて検寸してみると堂々の40cmUP!!
■私の状況はと言うと、プラグを納め、お得意のワーミングで3センチセンコーのカバー打ちをしています。ちょっとセコい釣りの為か、小バスの猛攻を受け数は釣れますが型が出ません…。しかし、「数の中から型を釣る!!」と、あきらめずに攻めていくとフォール中に「ゴンッ!!」遂に私にもビックワンがヒットです!!もの凄いパワーで下へ下へと潜っていきます。ある程度まで私もドラグやロッドワークで対応しますが、全く止まる気配がありません。結局、最後の「グィーン!!」という強烈な突っ込みで無念のラインブレイク!!ショックは隠せませんが「今日はデカイのが出る!!」と予感させる1匹でした。

■ここで気分を変える為にも前半戦を終わらせ昼食を摂る事に。レンタルボート付近のレストハウスに入り、湖を眺めながら美味しいランチを頂きます。お腹の充電も完了し、テンションも復活したところで後半戦スタートです!!

■小瀬川筋はアオコガ入り出し、水質が悪かった為西本君のリクエストで後半戦は本湖(ダムサイド寄り)からのスタート。これまたプラグへの反応が悪く、両者とも小バス対策の為ワームをインチアップして挑みます。西本君はスワンプクローラーのジグヘッドワッキー、私はインチアップしたセンコーのフォーリングでカバー打ちをします。この日はストレート系のワームが大当たりで、私も徐々にサイズアップしていきます。そしてここで40cmUPをゲットし一安心!!いよいよ目標の50cmUP!!を目指します。
■この日の気温は34℃を超える猛暑。熱に体力を奪われながらも50cmUPの夢を目指し関西弁と広島弁が飛び交うボートの中、30代アングラーの意地を見せたいところです。共にキャストを繰り返す中、私にまたデカバスがヒット!!今回こそ取り込みたいと思い、ドラグを緩めたその瞬間、一気に下に潜られラインが沈んでいる木の枝に巻つかれてしまいました。それでもラインテンションがある為、ベールをフリーにしてバスの動きを見守ります。すると3m沖くらいに走っていくラインを発見!!リールでの回収を諦め、走っているラインを手でたぐり寄せ西本君のナイス玉スケで何とかGET(笑)!!奇跡的におかしなランディングにボートの上は大笑い。不思議な感動をかみしめたところで計測してみると46cmの綺麗なバスでした。

■その後も色々とルアーやリグをチェンジしてみましたがデカバスが姿を現す事は無く、夕方4時を回った所で納竿。暑さに悩まされましたが、それ以上にアツいバスフィッシングを満喫しました。そして2人とも心地よい疲労感にを感じながら帰路に着いたのでした。

■弥栄ダムのバス釣りはまだまだ盛期が続きます。初めての方もエキスパートの方も是非チャレンジしてみてください。高活性なバスは時折トップにも姿をあらわし、アングラーをアツくさせてくれることでしょう。
■私以上にバスフィッシングを満喫しているアングラーの皆様にお知らせです。只今アングルでは本店・小屋浦店・松前店共催の『バスフォトダービー2006』を開催中です!!エントリーは無料で簡単に参加できます。あなたの思い出のバスを写真に収めてみませんか?共催各店でエントリーお待ちしております!!また、詳細は右のバナーをクリック頂くとご覧になれます。
同行:西本様(お客様)
写真(報告・文責)アングル小屋浦店 小西 正広
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.