アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■遂に本格化!!蒲刈でタチウオ爆釣!!■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.7.19(水) タチウオ 広島県 呉市「下蒲刈島 大地蔵」 波止 ウキ釣り




■今回は、前回のリベンジをかけて小屋浦店のタチハンター小西さんと私は蒲刈へ釣行することになりました。さらに、後ほどお客様でタチウオ釣り初挑戦の武田様、千葉様、福原様もご参加頂けるということで、タチウオ釣り強化スタッフの私たちは気合十分で出発したのでした。
■今回の釣り場は呉方面の1級ポイントである下蒲刈島の大地蔵港です。現地に着くと、すでに何名か竿を出されています。「こんばんは。釣れますか?」と尋ねてみると「まだ渋いね〜。1.2本のもんよ」との事。私たちが着いたときにはちょうど潮が引ききっており、最初はかなり厳しい展開が予想されました。
■しかし、小西さんの2投目、ケミホタルがジワジワと沖に引っ張られていきます。十分に糸を送り込んで大きく合わせると「ゴンゴン!!」という独特の引き!!慎重に波止際まで寄せ、おとなしくなったら一気に抜き上げます。「おるじゃん!!」と私たちは波止に横たわるタチウオを前に安堵の表情を浮かべます。
■その後も連続でタチウオがヒット!!2人で4本のタチウオをゲットしたところでお客様と合流です。「今がチャンスですよ!!今日はよーけ釣れそうです!!」とお伝えすると全員のテンションが急上昇!!「さー、釣るでー!!」と準備を始めます。

■釣れるタナが毎回一緒だった為、「ケミホタルが見えるか見えないかぐらいにウキ下を合わせてみてください」とアドバイスすると、波止の内側で釣られていた千葉様にヒット!!足元にあったウキが波止際に沿って走っていきます。「そろそろいいですよ」という私たちの合図でアワセを入れ、一気に取り込みます。「やった!!デカい!!」と始めて釣る太刀魚に感動の千葉様。この1匹がきっかけになり、武田様、福原様も波止の中を攻めることに。
■この選択が大正解!!波止の中にイワシが集まってきたのか、タチウオが水面に顔を出すほどの超高活性状態に!!(夜中にここまでタチウオの数が確認できたのは久々です)お客様も、ポイントである“足元”を集中して釣られています。この釣り方になって遂に全員安打達成。そこからは「釣れた!!」「バレた〜」の連続で、もう波止の上はお祭り状態です!!(笑)
■この時期のタチウオにしては時合が長く、内側&足元でかなり長時間釣果があります。あっという間にクーラー1つがいっぱいになりました。波止外側向きの私と小西さんは遠投で大型ヒットを期待しますがなかなかアタッてくれません。私がエサを付け替えようと後ろを向くと、福原様にヒット中です!!簡単に抜き上げられましたが、よく見るといいサイズです。指4本近い良型でした。どうやら大型も波止際に寄っていたようです。また、相当数のイワシがいた為、イワシエサが特効薬となったようです。
■「夜中にこれだけ釣れたら、朝の時合で爆釣じゃね!!」と期待していたのですが、深夜の1:30をまわった頃、突然の大雨&突風…。しばらく様子を見ようと思っていたのですがさすがに辛くなってきた為、ここで納竿となりました。
■「釣果写真を撮ろう」ということで小屋浦店に帰って全てを並べてみると、指2.5本〜4本のタチウオが30本。お客様大健闘!!という結果に終わりました。呉・蒲刈方面のタチウオはこれからがシーズンです!!夏の夜の夕涼みがてら手軽なタチウオ釣りに挑戦してみてはいかがでしょう。

※お願い※
私たちが波止から帰る道中、ペットボトル・魚の頭等のゴミが捨てられていました。このような素晴らしい釣り場を残していく為にも“来た時よりも美しく”釣り場のマナーアップにご協力下さい。
☆お知らせ☆
今日のタチウオ釣りでも使った鮮度抜群な『冷凍イワシ』が新発売!!
地元“阿多田島”で取れたイワシを1匹ずつ急速冷凍パック!!そのため針持ちが良く、食いもバツグン!!タチウオやイカ釣りに最適なサイズです。
取り扱い店舗…アングル全店(海遊釣具含む)
同行(お客様):武田様・千葉様・福原様
実釣・報告 アングル小屋浦店:小西 正広
写真(報告・文責)アングル本部:前田 大輔
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.