アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ 第26回アングル瀬戸内船釣り教室レポート■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.7.1(土) キス 広島県「広島湾 宮島周辺〜絵の島周辺」 胴突き釣り



■今回の船釣勉強会も前回好調だったキスを狙って江の島〜宮島周辺に行ってきました。前日まで天気予報では雨。。しかし、朝になってみると小降りになっており、なんとか9時の段階で天気はギリギリセーフ!!最終的に出船が決まったところで、まず簡単な仕掛けと釣り方の説明からスタートです。船釣は皆さん未経験の為、真剣に耳を傾けられていました。
■そして講習会の後、いよいよ出船です!!ここで五日市港を覗いてみると海の色は茶褐色に濁っています。昨日の雨の影響がかなり残っていたようです。
■少し不安を感じながらも釣り場に到着。船長の合図で一気に仕掛けを投入します。少し水深があるポイントの為、みなさん最初は底取りが難しかったようです。しかし、キスが泳いでいる層は底べったりの為、「今カケアガって(海底の坂が上がって)ますよー!!」と海底の変化をアドバイスすると、まず最初に岩本様が本日最初の一匹を釣り上げます。
■それに続いて、後ろで釣りをされていた角本様も本命キスをゲットです!!釣り上げた角本様は何か確信を得られた様です。お話を伺うと、「底に付いたら少しだけ仕掛けを持ち上げたらいいね」との事。私が説明する前に早くもコツを掴まれたようです。ここから怒涛のキス連発が始まるのでした。
■その後、苦戦されていた岩本様と上田様にも待望のヒット!!どちらも20cm前後の良型です。ここからはだいぶ食いが立ち、美味しい外道(トラギス・カナガシラ)を織り交ぜながら皆さん順調に釣り上げていきます。
■その後皆さん順調に釣られていましたが、一人ハイペースで釣り上げていく角本様!!道糸に指を当て、小刻みなアタリを取りにいくその姿には船長も私もビックリです。遂には良型のダブルヒットも!!(驚)今日の晩御飯はご馳走になりそうです!!
■その後、少し食い渋った時間がありましたが、ここで角本様の竿にハッキリした「コンッ!!」というアタリが!!明らかにキスではありません。全員が見守る中上がってきたのは20センチはあるメバルでした。思わぬお土産に「これが一番嬉しいかも」と角本さん。

■その後ポイントを移動してみなさん順調に数を増やしていきますが、ここで気づいたのが、キスも釣れるのは右舷(船の右側)もしくは左舷(船の左側)のどちらかだということが分かりました。岩本様と上田様が場所を交代しますが、やはり左右どちらか一方が釣れ続きます。少しキスの群れが小さかったのかもしれません。
■後半には、雨の中にもかかわらず船首に移動されてた岩本様が順調にキスを釣り上げます。船尾(船の後方)の岩本様、上田様もこれに負けじと角本様に釣り方を教わりながらキス・トラギスを連発します!!それにしても、この天候でこれだけの釣果は立派です!!皆さん集中されていた証拠ですね。
■その後雨も止み、晴れ間が見え始めました。最後の30分は江の島近辺の浅瀬に移動してキスを狙います。仕掛けを下ろすと「ココは釣り易いねー!!」と皆さん。このポイントは水深が10m前後しかなく、流れも緩い為、オマツリ(近くの人と仕掛けが絡まること)がまずありません。最後に手返し良く釣れたらいいなと思ったのですが、カナコギ(ハオコゼ)が釣れ始め、生徒さんが触ったら危険な為、ここで本日の勉強会は終了となりました。
■今回の生徒さんはみなさん上達が早く、一日で底取りからアワセまで習得されていました。今回で得た経験は、船釣りはもちろん波止釣りでも活きてくるはずです。今回は雨の中お疲れ様でした。
船長:アングル本部 中村 秋雄
報告(写真・文責):アングル本部 前田 大輔
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.