アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ CATVロケ「釣ってらしゃ〜い!!」広島湾 春の船メバル爆釣!! ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.3.8(水) メバル・カサゴ 広島湾「絵の島〜奈佐美 中の瀬」 胴付釣り



■3月8日(水)この日は前々から行きたいと思っていた船のメバル釣り。不調が続いていた広島湾の船のメバル釣りも2月下旬頃からいきなり良型がたくさん釣れはじめ、弊社主催での「瀬戸内船釣り教室」においても、初心者のお客様が25cm級のグッドサイズのグラマーメバルを釣られているのを見て、今回のロケを敢行致しました。

■今回の釣り方は至って一般的な胴付き釣り。エサにはモエビとシロウオ、モロコなどを持参しました。五日市港を出船し、最初に向かったポイントは絵の島周辺の瀬です。水深が20〜40m前後に変化するポイントです。ポイントに到着した時は良い感じに潮が満潮がまだよく動いており、魚探にも反応が出ています。一投目、ニ投目と釣れるのは釣れるのですが、10cmにも満たないチビメバル・・・取材クルーに「やばい・・・今回、こればっかりだったらどうしよう・・・」という一抹の不安がよぎります。しかしそんな不安もすぐに帳消し!!
■船尾で竿を出していた仁保店に乙木君の竿”蒼龍船"が大型メバル独特の大きな首振り運動を捉えています。「やっちゃったんじゃないの!!」一気に船内は盛り上がります。そして水面に浮いたメバルのサイズを見て全員がヒートアップ!!その直後、草津店の新人社員(来春から入社)の岡本君もグッドサイズをキャッチです。岡本君は「今回は船釣り研修」という名目での参加。船からのメバル釣りは初挑戦ということで、多少不安もあったでしょうが、この1匹をキッカケにコツを掴んだようで、次々とヒットさせます。このへんの釣りセンスの良さからして期待の新人です!!
■そして、私がガイドしていた大内リポーターにも「ズキューン!!」というアタリ!!ゆっくりゆっくり慎重に巻き上げたその先には立派な大メバル。これには大内レポーターもビックリ。さらに私と岡本君がほぼ同時に良型メバルをゲット!!幸先の良いスタートと良く晴れた空で気分は最高です。
■しかし、絵の島で釣りを続ける中、午前中の満潮が止まってからはアタリは全くありません。水深40〜20mまで一気にカケ上がる底荒いポイントをピンポイントで攻め立てますが、時折釣れるのは10cm前後のミニメバル。この時私は潮次第で釣果が愕然と変わることを改めて実感したのでした。

■その後、奈佐美の天狗岩沖の瀬を流しますが、潮が止まっているせいか全く反応がありません。そして今回の本命ポイントである奈佐美と能美島の間の水道、通称「中の瀬」にポイントチェンジです。ここにある灯台周りにはすでに、10艇ほどのプレジャーボートが釣りをしていましたが、潮止まりのためか竿の動きが緩慢です。

■私はこの時に「釣ったメバルを食べよう!!」とメバルをさばきはじめていました。船頭でメバルをさばいていると、船尾から「植地さん食ってる場合じゃないでよー!!」と仁保店の乙木君が叫びます。見ると満月に竿がしなり、さらに岡本君にもガツンとヒットです。心の中で「やっぱりご飯を食べてから・・・」と草津店の仙波店長の名言が浮かんできました(笑)急いで私も竿を出します。
■そしていきなり大内レポーターにヒットです。しかも今度の魚は相当大きそうです!!しかし、途中でハリが外れてしまい無念のバラシ・・・しかしその後、さらにヒット!!私にもヒットしダブルヒットです!!なんとか私も爆釣神輿に乗らせていただきました。
■この時、乙木君には良型のサバが3連ヒット!!メバル竿でこのサイズのサバが3連でヒットすると相当楽しめます。恐らくのこのタイミングは引潮が動き始めの時合いでした。しかし一瞬。ポイントもピンスポットなため、メバルのポイントから反れるとアタリも遠のきます。
■風も次第に吹きはじめ、船が流されながらの釣りになります。ここでどうやらカサゴのポイントに入ったようで、船尾の2人にカサゴが連発!!またおいしいお土産です。
■そして、取材終了が近付いた頃に岡本君がやってくれました!!カサゴが連発していたポイントで底を狙っていた岡本君が良く走る魚をヒットさせます。「サバじゃないん!?」と思いきや、なんと浮いてきたのは立派なマアジ!!サイズも楽々30cmオーバーのグッドサイズです。最後の最後にやってくれました。

■結局、4人でご覧の釣果。メバルは全て20cmオーバーの良型揃い。最大は26cmくらいでしょうか。広島市内からのすぐのポイントでこれだけの釣果なら満足です。
■今後のメバルの動向はさらに上向くことが期待できます。まだイカナゴなどのエサとなる小魚が少ないため、日によってムラはありますが、5月の連休に向けて水温が安定しはじめればさらなる釣果は充分期待できます。冬の海から一気に彩りを見せ始めた広島湾の船釣りをぜひお楽しみ下さい。「ズキューン!!」と重量感タップリの船メバル釣り。ヤミツキになります!!

■なお今回収録した内容は、お住まいの各ケーブル局にて3月20日からの週が前編、翌週27日から後編をお届する予定です。ぜひTVでも春の訪れをお楽しみ下さい。
   
同行者:大内こずえ(レポーター)/アングル仁保店 乙木/パワーアングル草津店 岡本
報告(写真・文責):アングル本部 植地 尚道
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.