アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■ メバルンフェスタEast-Side事前プラクティス ■■

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.3.26(金) メバル 広島県蒲刈島「大地蔵港〜大須港」 波止 ルアー釣り



■メバルンフェスタを1週間後に控えた私達は、一丁プラクティスでも行ってみようと思い立ち、当店の松本君と運良く(運悪く?)後来店されたお客様の赤岸様と3人で蒲刈島まで釣行することにしました。「よし、松本君、橋を渡るお金はワシと折半しようで。」と私が言うと「ボク、400円しかお金持ってないんです・・・」と松本君。「400円しか持ち歩かん社会人がどこにおるんじゃ!!」とツッコミを入れながらとりあえず釣り場へ向かいます。

■時間は午後9時半を回った所で、まずは松本君お勧めの大地蔵港に行ってみました。リグをセットしているといきなり松本君が「きました!!結構デカイです!!」と叫びます。「お前!!橋代払ってないくせに、なにお客様より先に魚釣りよんや!!」と言っている間にキャッチしたのは26cmのメバルでした。
■リグを聞くと、しぶしぶ教えてくれたのは、2gのジグヘッドにBのステンボーというリグでした。私と赤岸さんも同じようなリグで釣り開始です。ボトムを取ってロッドの動きでアクションを付け、フォーリングでのバイトを待っていると「コッ」と小さなアタリが!!すかさずフッキングすると17CMのレギュラーサイズのメバルがヒット。すぐに松本君が2匹目をゲット。

■しかし後が続かず、小型のバイトばかりになり、大須港へ移動となりました。この日は潮が動かず、あまり良い状況ではないようですが、とりあえずやってみることに。これじゃあまりにも期待できんかも・・・と思い始めた矢先、「ヒット!!まあまあですよ!!」と赤岸さんから声が上がります。

■あがってきたのは22CMのグッドサイズ。今年からメバルのルアー釣りを始めた赤岸さんのレコードフィッシュでした。私もキープサイズのメバルを釣り、赤岸さんに負けじと松本君も頑張りますが、小型のメバルのホゴばかり。
■それを尻目に赤岸さんはもう2匹ほどキープサイズを追加して最後の場所、向港まで行ってみますが、ぜんぜん潮が動いていません。「こんなん、初めて見たわ」と3人戸惑いながら、とりあえずやってみることに。しかし釣れるのはリリースサイズのメバルとホゴだけ。1時間ほど粘ったところでタイムアップとなりました。

■今回はワケありで画像が小さくて申し訳ございませんが、「釣果は上々」です。おそらく4/1日〜2日の”メバルンフェスタEast-Side"ではさらなるビッグワン&大漁が出ることでしょう。メバルシーズンはまだまだ続き、ある意味これからが楽しい時期でもあります。夜も少しづつしのぎやすくなってきました。皆さんも「大人の夜遊び」でメバルと戯れてみませんか?
   
同行者:赤岸様(お客様)/アングル小屋浦店 松本 健治
報告(写真・文責):アングル小屋浦店 吉村 慶
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.