アングルロゴアングルホームページロゴ
今月の特集 (特集記事)
■TOP

■■一生に一度!?の大取り物!!■■
〜何が来るか分からない!!大島の投げにはドラマがある〜

調査日 調査魚種 調査場所 調査ジャンル 調査方法
2006.12.19(火) カレイだった 山口県大島郡周防大島町「久賀 弁天埠頭」
波止 投げ釣り


■今年も残り僅か。ようやく冷え込みも厳しくなってきました。普段エギやメバルアにーは釣行しますが、投げ釣りといえば触り程度にキス釣りしかした事のない私は、「今年のカレイは好調!!」という末広さんの勧めで本格的に投げ釣りを始める事にしました。事実、末広さんもつい先日40cmの良型カレイを釣ってきたばかりです。
■「もしかしたら僕も大物に・・・」と早くも行きたい衝動に駆られますが、キスの引き釣り用の竿1本しか持っていない私は、とりあえず大島店で竿+リール、そして仕掛を新調してエサの本虫(+海ゴカイ)を買い込み、いざ出陣です!!・・・といっても寒がりの私ですから家を出るときにはすでに午前10時前になってしまいました(爆)
■今回、三蒲の河口で竿を出したかったのですが先行者の方がすでに釣りをされていた為、久賀の弁天の波止に行くことに。いつもの人気ポイントも平日とあって波止は独り占め状態。早速仕掛けを準備して投入です。オカズが欲かった私は出した竿の内1本はカレイ用置き竿、そしてもう1本でキスの引き釣りを楽しみます。キスの魅力は何といってもダイレクトにアタリを感じ取れる事。「コツコツッ」というアタリが手元に伝わり、ダブル・トリプルと連掛けで釣れる所です。
■思った通りキスは1投目からダブルでヒット!!「これは幸先イイ!!」と思ったのですが後からつれ続くサイズは10cm前後のピンギスばかり・・・。さすがに可哀そうなので小型はリリースします。
■これだけではHP記事にしても仕方がありません。気になるのは本虫を着けて投げているもう1本の方です。引き釣りをしながらも常にチラ見(笑)しかし、アタリはありません。何気なく「エサ替えよ。」と回収すると妙な重量感・・・何か釣れています。上がって来たのはエソのダブル・・・。気を取り直し再投入です。
■その後も何度か仕掛けを投入しては聞きアワセを入れて再投入・・・を繰り返していると、遂に“その時”が!!
■今まで通りカレイ仕掛けを投入後、私が引き釣りを楽しんでいると、カレイ仕掛の竿が「ズ・ズ・ズッ!!バタン!!」と、三脚ごと倒されてしまいました。まさに船に引っ張られている。そんな感じです。なんとか海に落ちる前に竿を掴み、間一髪で難を逃れます。ひとまず手にしていた引き釣りの竿を波止に置き、倒された竿にアワセを入れます。すると、まるで根掛かりのような「ズッシリ!!」とした重量感。しかし、時折「ゴン!!ゴン!!」と暴れる感じからして間違いなく魚だと確信した私は取り込みに突入。
■おおよそ砂地(捨石は点在)な海底地形の為、ゆっくりと慎重に仕掛けを引き寄せます。長い格闘!?の後「ユラッ」と海面に姿を見せたのは茶色く大きな平べったい物体。サイズからして1発でカレイではないと確信しました。そうです、ヒラメです。しかも、とてつもなくデカイ・・・!!
■手前まで寄せてきましたがまだ嬉しさは半分。「どうやって取り込もう??」という次の難題が私に襲い掛かります。波止から水面までは約4.5m。しかむ、波止の下には敷石がビッシリと敷かれているので真下までは引き寄せられません。また、ブッコ抜けるサイズ(しかもカレイ)を想定していたためタモ網も無し・・・。万事休すな状況ですが、このままだと仕掛けを切られて逃げられるのがオチです。そこで思ったのが“敷石までとりあえずズリ上げる”という事。運良くこの時の潮位は敷石が海水に浸かるか浸からないかといった程度。意を決した私は強引に竿を立てますがヒラメも平べったい胴体を思いっきりくねらせ抵抗します。すると次の瞬間!!
■「・・・ブチッ!!・・・」という快音と共にハリス切れ。一瞬顔が青冷めますが真下を見下ろしてみると、なんとヒラメは敷石の上!!ベッタンベッタン音を立てて跳ね回っています。しかし、潮位が低いのでヒラメも逃げるに逃げられない状況。早く魚を掴みたい私は、竿を放り投げいきり立って高い波止を滑り降ります(爆)今考えるとこれは並のテンションでは絶対に出来ない無謀な行動でした(笑)。
※キケンですので絶対にマネしないで下さい。m(_ _)m
■なんとか着地に成功し、遂にやりました!!エラを持ち上げ第1声はもちろん「でけぇー!!」。茶色い魚体に大きな口。・・・そして美味しそうな縁側(笑)。何回「でけぇー!!」と言ったでしょうか。

■満足満足で早く計測したい私は興奮冷めあらぬまま波止をよじ登ります・・・が降りるときには全く考えて無かった事がここで判明。この波止は一度台風によって破壊され、最近改築されたばかりの波止だったのです。その為当然表面はツルツル。足を掛ける所などありません・・・。何度か必至に登ろうと試みますが靴が滑るのでやはり無理(爆)。やむなく店長に電話し、ロープを持ってきてくださった所で無事救出されたのでした(笑)

■その後、もう新たに仕掛を投入する気にはならず、すぐさま放り投げていた釣り道具をしまって急ぎ足で大島店へと帰ります。
■そして待望の検寸。サイズはなんと86.0cm!!もちろんこれは自己新記録です!!

■このヒラメ・・・、当然持って帰ってさばけない為、知り合いの居酒屋さんにてさばいてもらうことに。そこで告げられたもうひとつの吉報は「コレ、天然モノですよ!!」という事。どこかの養殖網から逃げ出したものと思っていただけに、嬉しさは倍増です。さらに、さばいているとさらに新事実が発覚!!「何か出てきましたよー」と聞いて見てみるとヒラメの口から出てきたのは20cmほどのカレイ!!しかも丸呑み!!どうやら本日の本命を咥えていったようです(笑)

■この大物、もちろん一人で食べられる訳も無く、当店スタッフと居酒屋の大将で祝杯を交わし、皆で美味しく頂きました。

■今回、敷石に取り残された時間を差し引くと(笑)、実際釣りをした時間は2時間半程だった為、体力的にはかなり楽な釣行だったように感じます。きっちりと防寒をすれば冬でも十分に楽しめると感じました。また、先日の釣果にもあるようにカレイも魚影もかなり濃厚です。皆さんも予期せぬ大物に出会えるかもしれない大島で投げ竿を1本出してみられてはいかがでしょう?
☆デジタル魚拓サービス☆byアスカネット
生命感溢れる魚拓を、なんと写真で作成可能!!美味しく食べられて記録に残せる便利な『デジタル魚拓サービス』は広島・山口のアングル各店でお申し込みできます。

※方法はカンタン!!右記のような写真をお店にご持参いただき、申込書の各欄に記入するだけでOKです。
(店頭スタッフまでお申し付けの上、サイズ・納期等をご相談くださいませ。)
報告(写真・文責):アングル大島店 西村 恵
<<<BACK

潟Aングル会社案内潟Aングル各店舗紹介釣り大会・フォトコンテスト・各店のイベント情報最新の釣り情報満載!!お買い得情報が満載!!釣り方・魚種に的を絞った特集記事釣具各メーカーの新製品情報管理釣り場の紹介初心者のための釣り講座掲示板・アンケート・リンク集など
E-Mail:info@e-angle.co.jp
Copyright:(C)2001-2006 ANGLE Corporation.All rights reserved.